「企業様向け情報」の記事一覧

産業交流展2017

135PV

企業様向け情報

産業交流展2017に出展します。(11/15水曜、16木曜、17金曜)

 

 

産業交流展は、中小企業によるトレードショーで、原則として首都圏に事業所を有する、個性あふれる中小企業などの技術や製品を一堂に展示し、販路拡大、企業間連携の実現、情報収集・交換などのビジネスチャンスを提供することを目的とした場です。

 

 

産業交流展

https://www.sangyo-koryuten.tokyo/

 

 

今回、アイディア商品の会社からお借りするブースを複数名でシェアしますので、面積としては机半分程度になるかと思います。

ハンカチホルダー「おりづる」手拭きアイテム「ふくッチ」を展示しますので、ご興味のある方は、是非お立ち寄りくださいませ。

販売はございません。展示のみ。資料はご用意いたします。

 

 

 

ブースで一緒に出展する方たちは、協同で事業をやっているわけではなくて、あくまで各々「個人発明家」です。

自分より何歩も先を行っている方たちと一緒に出展できるので、

今からワクワクしています(^-^)

出展者間の交流も、刺激的で楽しく、前に進むエネルギーをもらえるのです。

誘ってくれた友人に感謝!

今はまだ、出展に際して大きなスペースは必要ない段階にいるので、ブースシェア、とても助かります。

 

 

3日間出展予定ですが、途中抜けてしまい、ご対応できないこともあると思います。

ご用の方は、お気軽にご連絡くださいませ(^-^)

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

到達させたい「おりづる」の未来像

32PV

企業様向け情報

ハンカチホルダー「おりづる」は、考案者の私にとって娘のような存在ですが、「将来、こんな風になっていってもらいたい。」という望みがあります。

 

 

それは、最初からナニカと一体化した状態で流通するようになっていってもらいたい、という望みです。例えば、バッグ・エプロン・スタイ・作業服などと一体化した状態で。

主役(ハンカチホルダー単体)であるより、色々なものに組み込んでもらえる「パーツ」のようになっていってもらいたいのです。

いろんなシーンで可能性を発揮して、

「そう、ここにハンカチを吊るしておけると便利なのよね☆」と思ってもらえたら。

 

 

こちらが、ハンカチホルダー「おりづる」の基本構造です。

 

 

 

 

ハンカチ入れの基本構造

 

 

シンプル構造なので、アレンジは、し易いです。 用途別に変幻自在?

 

 

ハンカチ入れのアレンジ例

 

 

例えば、「バッグの」「エプロンの」「スタイの」「作業服の」etc … こんなところにハンカチホルダー「おりづる」が付いていたら、どうでしょう?

便利になると思いませんか?

 

 

ハンカチ入れの製品化例

 

ショップおりづるでは、ハンカチホルダー「おりづる」手拭きアイテム「ふくッチ」の開発・製造・販売に関しての、パートナー企業様を募集しております。

少しでも関心を持っていただいた企業様がおられましたら、是非、一度お話しさせてください。

ご連絡をお待ちしております。

 

お問い合わせはこちら

 

 

パートナー企業様募集中!

50PV

企業様向け情報

ショップおりづるでは、ハンカチホルダー「おりづる」手拭きアイテム「ふくッチ」の開発・製造・販売に関しての、パートナー企業様を募集しております。

パートナー企業様に向けて製品をアピールする準備が、まだ十分には整っていない中での当記事の公開ではありますが、少しでも関心を持っていただいた企業様がおられましたら、是非、一度お話しさせてください。

 

 

<ハンカチホルダー「おりづる」について>

ハンカチホルダー「おりづる」は、当店では現在「布」を用いて製造していますが、他に「シリコン・プラスチック・ビニール・皮革」などといった、布以外の材料でも作ることができます。

ただし、これら布以外で製造・販売をするには、専門の知識も必要となってくるため、企業様のお力添えが必要となってきます。

 

 

ハンカチホルダー「おりづる」は、ハンカチを保持する為のクリップに、カバー(両ワキに開口がある)を被せた構造をしています。両ワキにある開口のうち一方を閉じた形状で作ったり、開口部にファスナーやスナップを設けて作ることもできます。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」
            正面

 

 

手拭き「おりづる」
     横から見るとこんなカタチ(両ワキに開口あり)

 

 

 

        内部画像(外側からは見えない部分)

 

 

 

横から見たoriduru
当店のハンカチホルダーを横から見た図

 

 

また、中には、カバーの開口より外側にハンカチをスムーズに引き出すことができるようにするために、ハンカチを滑らせて動かすことができるレールを設けてあります。レールが開口部より外側にまで長くつながっていて、持ち手の役割も兼ねるように作ることもできます。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」
内部画像(外側からは見えない部分)

 

 

おりづる手拭き
       ハンカチをキュッと外に引き出せる。

 

 

あるいは、中に、レールの代わりにリールクリップを設けて作ることもできます。

ハンカチを、ワキからシュッと引き出すことができるように作れます。

 

 

リールクリップ
        リールクリップ

 

 

〇 雑貨メーカーの方へ

ハンカチホルダー「おりづる」を、シリコンで作ってみませんか?

昨今ではシリコン製のスマホケースや財布を見かけますが、オシャレに作れば、男性にもお勧めできるアイテムになりそうです☆

 

 

〇 ベビー用品のメーカーの方へ

ハンカチホルダー「おりづる」の構造を利用して、赤ちゃんの「お食事用スタイ」や「よだれ用スタイ」を作ってみませんか?

スタイの内部にガーゼをクリップで挟んでしまっておけると、お口が汚れたときに、すぐに開口からガーゼを引き出して拭いてあげられます☆

 

 

〇 キッズ用品のメーカーの方へ

お子様用スモックに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

スモックの両サイドのスリットからスモックの内部に手を差し入れて、ササっと手を拭けると便利です☆

 

 

〇 服飾メーカーの方へ

エプロンに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エプロンは、汚れの付く作業をする際に着けるものなので使っているうちに汚れてしまいますが、エプロンを着けるような作業をしている時には手洗いの機会も多いため、頻繁に手を拭きたくなります。

そんな時に、洗い終えたキレイな手を汚れたエプロンで拭くのも…

きれいなハンカチ(タオル)で手を拭けるように、エプロンの両サイドのスリットからエプロンの内部に手を差し入れて、ササっと拭けるようになっていると便利です☆

 

 

〇 バッグメーカーの方へ

バッグに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

クリップを滑らせて動かすためのレールを開口部より外側に長く設けて、肩から下げれるように作ることもできます。

 

 

※ 柔軟に対応させていただきたく思っております。色々なアイディアをご提案できます。

ご関心がありましたら、連絡をくださいませ。お待ちしております!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

<手拭きアイテム「ふくッチ」について>

手拭きアイテム「ふくッチ」は、「両ワキにある開口」から左右の手を差し入れると、左右の手がそれぞれ袋状の中にスッポリと納まって、両手の平と甲が瞬時に布で包まれた状態となり、素早く手を拭いていただくことができる構造になっています。

 

 

 

ふくッチ

 

 

ふくッチ

 

 

 

ふくッチ

 

 

 

「袋状の中にスッポリと納まって、両手の平と甲が瞬時に布で包まれた状態になる」他のアイディアも持っていますので、ご相談くださいませ。

当店では、1枚の手拭いを丸々使って、1つのふくッチを仕立てています。

もちろん、タオル地やマイクロファイバーなどから仕立てることもできます。

 

 

〇 ハンカチメーカーの方へ

人気キャラクターの絵柄で「ふくッチ」を作ってみませんか?

例えば、開いた状態と閉じた状態とで絵柄が繋がるように、ストーリー性を持たせてあると、手を拭くことが楽しくなるかもしれません。

 

 

〇 生地メーカーの方へ

抗菌加工生地などを用いて、より衛生的な「ふくッチ」を作ってみませんか?

 

 

〇 服飾メーカーの方へ

エプロンに「ふくッチ」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エプロンは、汚れの付く作業をする際に着けるものなので使っているうちに汚れてしまいますが、エプロンを着けるような作業をしている時には手洗いの機会も多いため、頻繁に手を拭きたくなります。

そんな時に、洗い終えたキレイな手を汚れたエプロンで拭くのも…

きれいな布で手を拭けるように、エプロンの両サイドのスリットからエプロンの内部に手を差し入れてササっと拭けるようになっていると便利です☆

 

 

〇 バッグメーカーの方へ

バッグに「ふくッチ」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エコバッグのようにジャブジャブ洗える布で作ってみませんか?

 

 

※ 柔軟に対応させていただきたく思っております。色々なアイディアをご提案できます。

ご関心がありましたら、連絡をくださいませ。お待ちしております!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

ページの先頭へ