昨日は大事な講習会があって、土曜日なので息子が休みだったけれど、息子を学童にお願いして、講習会、行ってきました。

講習会が終わるとすぐに迎えに行って、その足で外にご飯を食べに行こうと歩いていました。

甘えん坊の小学3年生の息子は、私と並んで歩くことが好きで、よく歩きながら2人で話をします。

 

 

昨日は、歩いている時に、息子にこんなことを言われました。

「oriduru(おりづる)って、なんでoriduruっていうの?」

「こうこうこういう理由で、oriduruっていう名前にしたんだよ (詳しくはこちら)」

「えー、かっこいいようで、かっこよくないね(笑)」

(ガーーン…)

「でも、あれって、折りヅルのことだったの? 僕ずっとツルの恩返しのツルかと思ってた」

「どういう意味?」

「ツルがおじいさんの為に一生懸命になにか織るでしょ?あれかと思ってた」

 ??

 

 

私は、すぐには意味がわからなかったけれど、「あーー!?そういう意味?」って、気づきました。

「折りヅルじゃなくて、織りヅルかと思ってたんだ~!?」

「そう。一生懸命に織るツルみたいに一生懸命に作っているから、oriduruっていうのかと思ってたの」

 

 

これにはもう、びっくりして(@・@)

そういう見方があったのか?って気付かされました。

そういう見方をしてくれてたのか??とも思いました。

 

 

 

おりづる

 

 

 

 

息子がもっと小さな頃から、いつもハンカチホルダー「おりづる」を試行錯誤しながら作っていた私の姿を、なんとあの昔話に出てくるツルと重ねて見てくれていたとは!

これも、oriduruというネーミングの、もう1つの意味なのかもしれません…

あまりに有名な昔話のツルさんなので、おそれ多いですが(_ _)

 

 

ちょっと、胸にじーんときてしまいました。

子どもとは、パワーをくれる存在ですね(*^-^*)

実は、昨日の朝は、「学童行きたくない」から始まって、私も困ってしまうという一悶着があったんです。(よくある…)

けれど、結局は学童へ行ってくれました。

息子なりに理解して頑張ってくれたのだと思います。

本当は、子どもだって、土曜日くらい家でのんびりしていたいですからね…

いつもありがとう☆

↑ わたくし事で、すみません…(*^-^*)

 

 

 この記事が気に入ったら、いいね!しよう
(最新記事が届きます)