ハンカチホルダー「おりづる」は、裏面が猫型になっています。

これは「構造上、たまたまこうなった」のであって、計算の結果ではありません。

でも、なかなか可愛い形だと思いませんか??

 

ナイロン製ハンカチ入れ「おりづる」
             ブルー猫柄(ナイロン製)

 

 

世の中、猫好きさんってとっても多いです。

私の周りをちょっと見回しただけでも、小物~バッグ~服まで、みんな猫ちゃんで揃えているような人たちが何人もいます。

こんな風に、人にコレクションして揃えてもらえる動物って、猫ちゃん・カエルちゃんくらいなんじゃないでしょうか?

(カエルは擬人化しやすいので、ポーズもキマり、人気がありますね☆)

犬ちゃん、インコちゃん系も確かにいますが、やっぱり「一番人気は猫ちゃん☆」な気がしています。

ハンカチホルダー「おりづる」は、偶然にも、そんな猫ちゃんに、あやかることができました。

 

 

猫顔

 

 

ハンカチホルダー「おりづる」は、

「デコレーション(リボン・ボタン・刺繍などによる装飾)は、表面・裏面共に、許可なく可能です。お好みでデコレーションしてお楽しみください。」

として販売しています。

ですから、猫好きな方は、是非、裏面を猫ちゃん顔にしてみてくださいね♪

ハンカチホルダー「おりづる」は、構造が筒状ですから、ボタンやリボンを取り付ける際にどうしても出来てしまう「玉留め」が、外から見えないようにできます。

(玉留めが筒状の内側にきます)

なので、デコレーションは色々やり易いのではないかと思っています。

 

 

ここで… わたくし、 ハンカチホルダー「おりづる」に、

猫ちゃんの顔を描き足してみました(パソコンで)(^0^)

 

 

ハンカチホルダー猫顔

 

 

どうですか??

あれ… なんか強そう(笑)? ↑

 

 

では、上のからマツゲを取ってみます…

こんどは優しいお顔になりましたよ~♪ ↓

よかったら真似してくださいネ。

タレ目にしても可愛いかもですね~。

 

 

 

 

私は、地域の「ハンドメイド部」に所属しています。

ちょっと話が逸れるようですが、実はつながった話なので是非お聞きください(^-^)

 

 

「ハンドメイド部」は、主婦層の人たちのサークルのようなものです。

みなさんハンドメイドが大好きで、各々、縫製で巾着袋やバッグをつくったり、消しゴムでハンコを作ったり、ビーズやレジンでアクセサリーを作ったり、カルトナージュで綺麗な箱を作ったり、お花で装飾品を作ったりして楽しんでいます。

そして、作った製品をFacebookにアップして見てもらったり、ハンドメイドイベントで販売したり、あるいは、「作ること」自体を楽しんでもらえるようなワークショップを開催したりしています。

 

 

そんな「ハンドメイド部」のなかで、私は、入った当初からちょっと浮いた存在でありました。

ハンドメイドという平穏な主婦の集いのなかに、いきなり「特許権」なんていう排他的な言葉を持ちこんできて、

当然口にはしないんだけれど、

「私はコレの特許権を持っているのだから、他の人は真似しないでね!」という、人を牽制するようなオカシな空気を醸し出していたかもしれません( ^^;)

お互いに微妙に競合したりしながらも、空気を読みながら仲良くやっている集まりのなかで、私はなんとなく孤立感を感じてしまっていました。

 

 

(その後、発明家の集まりの方にも身を置くようになりましたが、そちらの方に、私は、わりとすんなり馴染むことができました。

目標も、悩みも、興味関心も、背負うリスクの重さも、おそらく性格的傾向も、ハンドメイド作家と発明家とでは違っています。同じように縫製品を扱っていてもです。)

 

 

ハンカチホルダー「おりづる」の裏面が、たまたま猫型になっていることに気付いた時に、私は、胸の内がなんだかくすぐったいような気持ちになりました。

そして、すぐに「ハンドメイド部」のことが頭に浮かびました。

ハンドメイド好きの人たちと、これで(猫顔のデコレーションで)チョット楽しめそうな予感がしたからです。

「たいしたアイディアでもないのに、特許権を振りかざして販売を独占しようとするヘンな人」と思われているんじゃないか?という、ハンドメイド部に身を置いているなかで感じていた不調和感を、取っ払うことができるんじゃないか?という要素を、ハンカチホルダー「おりづる」の中に見つけ出せたような気がして、嬉しくなりました。

 

 

だから今、ハンカチホルダーおりづるは、

「デコレーション(リボン・ボタン・刺繍などによる装飾)は、表面・裏面共に、許可なく可能です。お好みでデコレーションしてお楽しみください。」

として販売しています。

これは、地域の「ハンドメイド部」からハンカチホルダー「おりづる」をスタートしていった私自身が、ハンドメイド好きさんと「つながっていたい」という気持ちです。

 

 

是非、裏面を自分好みの猫ちゃんにして、ハンドメイドを楽しんでみてください♪

 

 

どなたか、猫ちゃんの顔にデコレーションされましたら、画像を送ってください。(真似されてもOKな場合)

ここのブログにてご紹介させてください(^-^)

気長に待っておりまーす☆

 

 

 この記事が気に入ったら、いいね!しよう
(最新記事が届きます)