「2020年10月」の記事一覧

オリジナルを存分に楽しめるシール!

55PV

ハンカチホルダー[oriduru]

さて、前回の記事でふれたシール の件です。

「ピタリン」というシールです。

 

 

このシールを5枚、入手してみました!

 

 

 

マイぴたりん

 

 

 

 

ピタリンのネットショップから購入しました。

ショップでは、送料が無料になるラインが設定されているので、今回は、そのラインをチョットだけ超える予算で(主婦の買い物感… )、選んでみました 。

 

 

【ピタリン ネットショップ】←こちら
https://pitarin.jp/collections

 

 

 

選ぶところから、まず楽しい ♪

デザインテイストが、偏ることなく色々そろっているのがイイ。

これなら、誰しもが、どれかしらのテイストにハマりそう(^-^)

 

 

 

ぴたりんネットショップ
ピタリン ネットショップ

 

 

 

下に特徴をあげて、このシールをご紹介します。

 

 

 

[PITARIN(ピタリン)シール]

布・不織布・木材・プラスチック・金属・ガラスなど、様々な「固体」にピタッと密着。

剥がそうとしなければなかなか剥がれず、

剥がそうとすれば簡単に剥がれて、はがした後もベタベタしません。

耐水性の高いオレフィン素材と特殊な糊を使っているので、水(お湯)の中でもはがれません。

耐熱性も優れているので、電子レンジや食洗機にもかけられます。

 

 

 

このシールを使うと、

身の回りの様々なものを、簡単にオリジナル製品に変えることができるのだそう。

 

 

そこで!

今回は、入手したこのピタリンシールを、ハンカチホルダーoriduruに貼っていきます☆

 

 

そして、イキナリ登場する、ハンカチホルダーoriduruの完成品 (* ⊙‿⊙ *)

(やっと形になりました~☆)

しかし、これについて説明しだすと話がブレてしまうので、今回はあまり触れずに…

シールの話を淡々と(笑)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
ロゴの面を表側に

 

 

 

これの↑ ネジ式カシメを外し、カバーを裏返してから再びカシメで閉じます。

そうすると、下のような、無地のハンカチホルダーになります。↓

つまり、カバーを裏返して、カバーの裏側を表側として使っていただけるんです☆

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
無地の面を表側に

 

 

 

さて、この無地の面に、ピタリンシールをおもむろに貼っていきます… と!

真ん中に貼るの、ムズカシ~(><)

真っすぐ貼るの、ムズカシ~(><)

 

 

あまり細かいコトは気にしないよっていう方には、思い切った貼り方もアリかもしれません…

が、うまく貼ろうとするなら、多分、一発じゃ無理(T_T)

シールを舐めてた。うまく貼るの難しい…

 

 

うまく貼れなかったのを剥がそうとすると、ノリ残り無くキレイに剥がせるは剥がせるのですが、

つい2度3度と貼り直しをゴニョゴニョやっていると、シールが部分的にベロンと伸びてしまい、シール自体が駄目になってしまいます。ご注意(><)

 

 

これは、商品の説明欄にも書いてあるのですが、

「はがす際は変形したり接着力が低下するため、貼り直しはできません。」とあります。

気を付けましょう。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

表面は、イマイチな仕上がりになってしまいました。 ↑

でも、いい案を思いつきましたよ(^-^)

裏面は、その「いい案」のお陰でキレイに貼ることができたので、よかったら、下のとおり試してしてみてください ♪

 

 


まず、シールをハサミで個別に切り離します。
(1枚のシートに2~3個くらい付いている場合)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


シールの裏紙を、一気に剥がしてしまうのではなく、先に四隅の裏紙だけを、三角状に切り落とします。
真ん中付近の裏紙は残したままにしておきます。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

たぶん、下の画像のように、裏紙の部分がちょっとシールからハミ出るように残してあると、この後の作業がやりやすいんじゃないかと。
※ 下の画像、分かりやすいように、シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 


貼りたい面の上に、軽くシールを置いて、貼る位置を決めます。
➁で三角状に切り落とした部分が小さく、裏紙を多く残してあるほど、位置決めのための貼り直しが何度もききます。
(シールの接着面積が小さく済むことから。)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


貼りたい位置が決まったら、真ん中付近に残してある裏紙をそっと剥がして、シール全体を面に押し付け、しっかりと貼ります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

この方法で、裏面は、きれいにシールを貼ることができました(^-^)

 

 

そして、次に、

女子向け可愛い系のシールを、白のハンカチホルダーoriduruに貼ってみました。

いかがでしょう? なかなか、お気に入りです。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
後ろ

 

 

 

けれど、

ロゴの入っている面を裏返しにしてシールをペタペタ貼るというこの行為…

ブランド戦略としてどうなの?というのは、大いにあると思います。

 

 

先日、支援センターのいつものアドバイザーさんに、得意げになって「ハンカチホルダーの裏面にシールを貼る」話をすると、

「あ… でもoriduruブランドが…( ´д`; )」と、心配されてしまいました。

ですよね。 せっかくカバーにロゴを印刷したのにね…

 

 

でも、このシールを初めてギフトショーで目にしたときに、

「このシールを使うと、もしかして、オリジナルをすごく楽しめるんじゃない?? (✪▽✪)」

とワクワクした自分を思い出すと、

やっぱり人にも勧めたいな~という気持ちに、どうしてもなってしまいます。

 

 

あと、実はわたしは、

ブランドロゴの付いている商品って、あんまり好きじゃないんです、元々 ( ̄‐ ̄) …

 

 

ある商品を、機能あるいはデザインあるいは色が気に入って、買うとして、

自分は、その商品に付いているロゴには何の思い入れも無く、別にロゴを気に入って買ったわけでもないのに、

なんで、こんなにデカいロゴの入れられた商品を、我慢して身に着けなきゃいけないの?

と日頃から思っている、ちょっとメンドクサイ人なわけです。

 

 

気に入らないロゴだと、使う前にタグを切り取ったり、外せるものなら外してしまうくらいに、私は、「ロゴの押し付け」が好きじゃないです(_ _)

 

 

気に入るロゴの入っている商品だってありますよ。

可愛い♪ と思って、ウキウキで身に着けるものだって、なかにはあります。

あと、たいがい大手メーカーのロゴなんかは、すんなりきます。

 

 

でも、それでも、異なるメーカーの商品を合わせ持とうとしたときに、ロゴとロゴとがバチバチにぶつかり合うというか、うるさい印象になってしまうのは、苦手です…

これは、そのロゴの好き嫌いに関わらず。

 

 

あ…

こんど発売する商品には、つい大きめにoriduruのロゴをに入れてしまいました。

さんざん人のロゴに文句をつけておいて… でも、自分のこととなると(^_^;)

私自身は、自分が気にいって入れたロゴなので、これはこれで良いのですが、

私みたいなロゴ嫌悪気味な人の心情は、やはり案じてしまいます…

(気になる場合は、裏返して使ってくださいっ☆)

oriduruのロゴ、「よいアクセントになってるヨ」とプラスに捉えて使ってもらえたら、嬉しい限りですが。

 

 

私が気になるのは、ブランドロゴよりも、むしろ特許の方。

特許に関わる考え方は、ロゴとは打って変わり、だいぶシビアです。

たくさんの時間を割き、リスクを背負って、ここまでやってきているからです。

自分の特許については、しっかり守っていきたいですが、

ロゴについては、そこまでいいのかなぁというのが、今のところの私の考え方です。

今後、なにか支障がありそうなら、考え方を変えるかもしれませんが…

(ちなみに、oriduruロゴ、商標登録はしてあります。)

 

 

ちょっと話がズレてしまいましたが、

ピタリンシール、個人的に面白いシールだと思ったので、ご紹介させていただきました!

 

 

服・靴・カバン・帽子・傘・マスク・コップ・お弁当箱・アウトドア用品・マリンスポーツ用品・お風呂・プールなど、

これまでシールを貼れなかったものや、水が関係する場所へも貼ることができるらしいので、

わたしも、あちこちに貼りつけて、楽しんでみようと思います ♪

以上です。

 

 

ぴたりんロゴ

 

 

 

 

 

[ギフトショー2020]視察&発見

103PV

その他

先日、ギフトショー2020(東京ビッグサイト)を覗いてきました。

※ ギフトショーは、東京ビッグサイト全館を使用し開催される、日本最大規模のトレードショー(商談見本市)です。

 

 

新型コロナの流行が始まってから、

私は、こうした多くの人が集まる場には足を運ばずにきましたが、

今回、興味を惹かれる無料セミナーの開催もあったので、思いきって行ってきました。

 

 

行ってみると、結構、人出は多かったです。

かなり、賑わっていました。

 

 

そして、マスクマスクマスク!

これ、会場内を行きかう人の話ではないですよ。

会場内を歩いていると、あちらこちらのブースで、マスクを紹介しているんです。

なかなか衝撃的な光景でした。 うゎ~~…っていう。

もはやマスク祭り。

これ、相当数の多種多様なマスクが、これから世に出回るんじゃないでしょうか? (笑)

 

 

一見、マスクと関係のなさそうな会社が、ブースの一画にマスクを置いているという不思議さ…

いまや、違う畑の会社までもが、マスクに手を出している状況なのではないでしょうか。

 

 

 

マスク_新型コロナ

 

 

 

マスクケースが置いてあるブースにも、立ち寄りました。

マスクケースの方は、あまり多種多様といった印象ではなく、

よくネットで見かけるようなシンプルなものが、散見されました。

扱っている会社も、マスクほど数多くなかったです。

 

 

マスクケースを見せてくださった某ブースの方が、

「マスクケースが、いま売れて売れて生産が間に合わないんですよ~」

と、にこやかにおっしゃっていたのが印象的でした(^-^)

嬉しい悲鳴っていうやつですネ。

あー、わたしもココに入っていきたい。 日の当たるところへ、わたしも行きたいなぁ…!

がんばろ。

私が作っているハンカチホルダーも、マスクケースとして使えます☆ ←すかさず宣伝!

 

 

 

 

 

 

ちょっと競合調査みたいな感じになってしまいつつも(^^;)、

私は、なにか協力して一緒にできそうな会社がないか、探してまわりました。

 

 

と、魔法のようなシールを取り扱っているブースを見つけました ♪

このシール、とても面白いですよ。

 

 

布・不織布・木材・プラスチック・金属・ガラスなど、様々な「固体」にピタッと密着。

剥がそうとしなければなかなか剥がれず、

剥がそうとすれば簡単に剥がれて、はがした後もベタベタしません。

耐水性の高いオレフィン素材と特殊な糊を使っているので、水(お湯)の中でもはがれません。

耐熱性も優れているので、電子レンジや食洗機にもかけられます。

 

 

スゴクないですか? 電子レンジや食洗器って w(@@)w

どんだけの過酷さに耐えるんだ(笑)

シールの域を超えているというか… 間違いなくシール界の優等生ですよね☆

 

 

このシールを使うと、

身の回りの様々なものを、簡単にオリジナル製品に変えることができます。

 

 

服・靴・カバン・帽子・傘・マスク・コップ・お弁当箱・アウトドア用品・マリンスポーツ用品・お風呂・プールなど、

これまでシールを貼れなかったものや、水が関係する場所へも貼ることができるんだそう。

 

 

次回、このシールについて、ご紹介しようと思います!

お楽しみに~(^-^)/

 

 

 

 

準備、着々と☆[ハンカチホルダーoriduru]

41PV

その他

加工会社さんに生産をお願いしていたoriduruのカバーが完成しまして、受け取りました。

 

 

 

カバー箱入り

 

 

 

きれいな仕上がりです☆

フチのウェルダー加工も、ロゴの色も、ほぼほぼ自分の思い描いていたように出来あがってきました。

よかった。

開孔部分にまで、きれいにウェルダー加工が施されています。

 

 

 

おりづるカバー表
[カバーの表側]

 

おりづるカバー表面
[カバーの表側]ウェルダー加工もキレイ(๑◔‿◔๑).

 

 

 

カバーの裏側にも、生地の表面を使ってあります。

2枚の生地を外表に(表面が外側になるように)合わせて、フチをウェルダー加工で閉じてもらいました。

(生地の裏面は粗いため、1枚で作ると、カバーの裏側が、いかにも[裏]な感じになってしまうのです…)

 

 

 

おりづるカバー裏
[カバーの裏側]表側と同じく、上品なシボ入り

 

 

その為、

カバーの裏側にも、表側と同じくほんのりとシボが入っていて…

なんと! 裏返して、カバーの裏側を表側として使っていただくこともできちゃうんです(^0^)

 

 

裏面にはロゴが入っていないので、「無地で使いたい」方は、裏返して使ってみてください。

(ただし、あくまで裏なので、フチのウェルダー加工の仕上がりがちょっとアレです… )

 

 

おりづるカバー裏面
[カバーの裏側]ウェルダー加工が、いかにも裏(><)… 生地はキレイだけど(^^)

 

 

 

なお、個数多め(100個くらい~?)で、ご注文いただけるようでしたら、

カバーにお客様のオリジナルデータを印刷する、【OEM】を承ることも念頭にあります。

【OEM】には、印刷無しの無地も含める予定です。

【OEM】については、まだ先になりますが、決まり次第、ブログでお伝えします(^-^)

 

 

カバー以外のパーツは、選定をして、今、あちこちに発注をかけている段階です。

そして、ほぼほぼ、手元に揃ってきています!

妥協せず、吟味して選んでいます。 良いものをご提供できるように。

 

 

樹脂製ハンカチホルダーoriduru、完成まであと一息です☆

 

 

 

 

ページの先頭へ