「企業様向け情報」の記事一覧

工業製品化を見据えたハンドメイド

221PV

ハンカチホルダー[oriduru] 企業様向け情報

ここ数日、ハンカチホルダーoriduru「ポケット無しタイプ」の試作をしていました。

昨年11月に「ポケット付きタイプ」を販売開始し、それまでの「ポケット無しタイプ」はお蔵入りにしたのですが、ここにきてまた、「ポケット無しタイプ」を販売開始することにしました。

 

 

でも、今度の「ポケット無しタイプ」は、以前のものと形状が異なります。(基本構造は同じ)

そしてなんと、中に クリアファイル(ポリプロピレン・シート)が入っている(@○@)w

 

 

以前から、「ハンカチホルダーoriduruを、クリアファイルで作ったらどうかな?シリコンで作ったらどうかな?」などと、工場での生産を妄想していましたが、それに極めて近いことを、ハンドメイドでやってみることに☆

 

 

クリアファイル・ハンカチホルダー
       クリアファイルを、ちょうど良いサイズにカット

 

 

クリアファイル・ハンカチホルダー
    下の折ってある部分を反対向きに折り返すと、開口部ができる

 

 

 

いきなり工場での工業製品化は、試作をするにも高コストですし… 本生産ともなれば小ロットというわけにいかないので、だいぶ高リスクです(~_~)

でも、ミシンで縫製ならば、自分で試作ができるぶん低コストですし、[試作→テスト販売→フィードバック]までを繰り返すことで、どんなサイズ・機能・柄にニーズがありそうなのか?を探ることもできます。

そうやって少しリスクを下げつつ、工業製品化に向けて動いていけたらと思うのです。

 

 

今度の「ポケット無しタイプ」は、中にクリアファイルが入っています。

ハンカチホルダーoriduruの構造としては、

 

 

「ちょうど良いサイズにカットしたクリアファイルを、折り目部分が底にくるようにして上端を一点留め、取り付けパーツを付ける」

 

 

 

クリアファイル・ハンカチホルダー
      クリアファイルで作る「ハンカチホルダーoriduru」

 

 

 

クリアファイル単体で作る場合、↑これで、とりあえず完成!なのですが、

いざやってみると、手作業ではクリアファイルのカットが綺麗にはできないし、oriduruのロゴも上手く入れられないので、魅力的な製品に仕上げることがなかなか難しく… そこで、

 

 

「ちょうど良いサイズにカットしたクリアファイルを、布で包んでから、折り目部分が底にくるようにして上端を一点留め、取り付けパーツを付ける」

 

 

というやり方をしたのが、今度のハンカチホルダーoriduru「ポケット無しタイプ」なんです。↓

 

 

 

ポケット無しタイプ・ハンカチホルダーoriduru
          [正面]ポケット無しタイプoriduru

 

 

ポケット無しタイプ・ハンカチホルダーoriduru
          [背面]ポケット無しタイプoriduru

 

 

30gくらい。軽いです♪

ナイロン2ポケットタイプと比較して、半分以下。

そして、使っている生地が薄地であっても、形状にしっかり安定感がでます。

 

 

底面を押したり、逆に側面を押したりすることで、あるていど開口部の開き具合を調節できるのも、クリアファイルならでは(^-^)

 

 

 

ポケット無しタイプoriduru
          [側面]ポケット無しタイプoriduru

 

 

クリアファイル・ハンカチホルダー
      底の折れ線を逆向きに押すと、開口部が大きく開く

 

 

クリアファイル・ハンカチホルダー
     開口部が大きく開くようにすれば、ハンカチの乾きやすさ向上☆

 

 

 

開口部を大きく開くと、それだけハンカチ収納部の通気性はアップ!するので、中に収納したハンカチが乾きやすくなります。

また、ハンカチの出し入れも、よりスムーズになります。

いっその事、クリアファイルの折れ目ではない部分を底に使えば、開口部がもっと大きく開くようには作れるんですが…

もしかしたら、底に3本くらい折れ目が入っていると、イイ感じの開き具合になるのかな。

 

 

 

ハンカチホルダーoriduruイラスト

 

 

 

いつかクリアファイルで作ってみるとして(布で包まずに)、例えば、

キャラクターがプリントされた商品を作ってみたら可愛いんじゃないかな?とか、

抗菌仕様にしてあると衛生的なんじゃないかな?とか、

2個で1000円くらいの安価で販売していけるくらいになったら、普及を目指せるんじゃないかな?とか、

より(バッグの外側ではなく)内側に取り付けるのに適したアイディアをプラスしたいなとか、

妄想を膨らませてみたりします (*˘◡˘*)

 

 

以前、産業交流展で出会った某企業の方から、

「このハンカチホルダーは、マスクケースみたいに、きっと売れるものになっていくと自分は思っているから、一緒に頑張りましょう!」

と力強くおっしゃっていただいたことがあります。

この商談は、進めだしたものの、障壁があり頓挫してしまいましたが(_ _)、考案者の私自身も、ハンカチホルダーoriduruの未来を信じています。

実はこの展示会では、他の複数の商社からも強い関心を示していただけてはいたのですが、どこからも「量産化体制が確立できていない」ことが懸念され、その後の話を上手く進めることが叶いませんでした。

なんとか、ブレイクスルーしたいところです!

 

 

新しい市場を作り新しい製品を普及させることが、とても険しい道だということは、もう分かりすぎる程に分かっていますが、それでも、今は踏ん張りどきかな!と思って、わたしは頑張ります ○(^_^) ○

 

 

 

到達させたい「おりづる」の未来像

485PV

企業様向け情報

ハンカチホルダー「おりづる」は、考案者の私にとって娘のような存在ですが、「将来、こんな風になっていってもらいたい。」という望みがあります。

 

 

それは、最初からナニカと一体化した状態で流通するようになっていってもらいたい、という望みです。例えば、バッグ・エプロン・スタイ・作業服などと一体化した状態で。

主役(ハンカチホルダー単体)であるより、色々なものに組み込んでもらえる「パーツ」のようになっていってもらいたいのです。

いろんなシーンで可能性を発揮して、

「そう、ここにハンカチを吊るしておけると便利なのよね☆」と思ってもらえたら。

 

 

こちらが、ハンカチホルダー「おりづる」の基本構造です。

 

 

 

 

ハンカチ入れの基本構造

 

 

シンプル構造なので、アレンジは、し易いです。 用途別に変幻自在?

 

 

ハンカチ入れのアレンジ例

 

 

例えば、「バッグの」「エプロンの」「スタイの」「作業服の」etc … こんなところにハンカチホルダー「おりづる」が付いていたら、どうでしょう?

便利になると思いませんか?

 

 

ハンカチ入れの製品化例

 

ショップおりづるでは、ハンカチホルダー「おりづる」手拭きアイテム「ふくッチ」の開発・製造・販売に関しての、パートナー企業様を募集しております。

少しでも関心を持っていただいた企業様がおられましたら、是非、一度お話しさせてください。

ご連絡をお待ちしております。

 

お問い合わせはこちら

 

 

パートナー企業様募集中!

316PV

企業様向け情報

ショップおりづるでは、ハンカチホルダー「おりづる」手拭きアイテム「ふくッチ」の開発・製造・販売に関しての、パートナー企業様(共同開発者様)を募集しております。

少しでも関心を持っていただいた企業様がおられましたら、是非、一度お話しさせてください。

 

 

<ハンカチホルダー「おりづる」について>

ハンカチホルダー「おりづる」は、当店では現在「布」を用いて製造していますが、他に「シリコン・ポリプロピレン・プラスチック・ビニール・皮革」などといった、布以外の材料でも作ることができます。

ただし、これら布以外で製造・販売をするには、専門の知識も必要となってくるため、企業様のお力添えが必要となってきます。

 

 

ハンカチホルダー「おりづる」は、ハンカチを保持する為のクリップに、カバー(両ワキに開口がある)を被せた構造をしています。両ワキにある開口のうち一方を閉じた形状で作ったり、開口部にファスナーやスナップを設けて作ることもできます。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」
            正面

 

 

        内部画像(外側からは見えない部分)

 

 

 

横から見たoriduru
当店のハンカチホルダーを横から見た図

 

 

また、中には、カバーの開口より外側にハンカチをスムーズに引き出すことができるようにするために、ハンカチを滑らせて動かすことができるレールを設けてあります。レールが開口部より外側にまで長くつながっていて、持ち手の役割も兼ねるように作ることもできます。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」
内部画像(外側からは見えない部分)

 

 

おりづる手拭き
       ハンカチをキュッと外に引き出せる。

 

 

あるいは、中に、レールの代わりにリールクリップを設けて作ることもできます。

ハンカチを、ワキからシュッと引き出すことができるように作れます。

 

 

リールクリップ
        リールクリップ

 

 

〇 雑貨メーカーの方へ

ハンカチホルダー「おりづる」を、シリコンで作ってみませんか?

昨今ではシリコン製のスマホケースや財布を見かけますが、オシャレに作れば、男性にもお勧めできるアイテムになりそうです☆

 

 

〇 文具メーカーの方へ

ハンカチホルダー「おりづる」を、ポリプロピレンで作ってみませんか?

クリアファイルなどに使用されるポリプロピレンで作れば、キャラクターものも比較的安価に作れて、誰もが気軽に持てる、人気アイテムになりそうです☆

 

 

〇 ベビー用品のメーカーの方へ

ハンカチホルダー「おりづる」の構造を利用して、赤ちゃんの「お食事用スタイ」や「よだれ用スタイ」を作ってみませんか?

スタイの内部にガーゼをクリップで挟んでしまっておけると、お口が汚れたときに、すぐに開口からガーゼを引き出して拭いてあげられます☆

 

 

〇 キッズ用品のメーカーの方へ

お子様用スモックに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

スモックの両サイドのスリットからスモックの内部に手を差し入れて、ササっと手を拭けると便利です☆

 

 

〇 服飾メーカーの方へ

エプロンに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エプロンは、汚れの付く作業をする際に着けるものなので使っているうちに汚れてしまいますが、エプロンを着けるような作業をしている時には手洗いの機会も多いため、頻繁に手を拭きたくなります。

そんな時に、洗い終えたキレイな手を汚れたエプロンで拭くのも…

きれいなハンカチ(タオル)で手を拭けるように、エプロンの両サイドのスリットからエプロンの内部に手を差し入れて、ササっと拭けるようになっていると便利です☆

 

 

〇 バッグメーカーの方へ

バッグに「おりづる」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

クリップを滑らせて動かすためのレールを開口部より外側に長く設けて、肩から下げれるように作ることもできます。

 

 

※ 柔軟に対応させていただきたく思っております。色々なアイディアをご提案できます。

ご関心がありましたら、連絡をくださいませ。お待ちしております!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

<手拭きアイテム「ふくッチ」について>

手拭きアイテム「ふくッチ」は、「両ワキにある開口」から左右の手を差し入れると、左右の手がそれぞれ袋状の中にスッポリと納まって、両手の平と甲が瞬時に布で包まれた状態となり、素早く手を拭いていただくことができる構造になっています。

 

 

 

ふくッチ

 

 

ふくッチ

 

 

 

ふくッチ

 

 

 

「袋状の中にスッポリと納まって、両手の平と甲が瞬時に布で包まれた状態になる」他のアイディアも持っていますので、ご相談くださいませ。

当店では、1枚の手拭いを丸々使って、1つのふくッチを仕立てています。

もちろん、タオル地やマイクロファイバーなどから仕立てることもできます。

 

 

〇 ハンカチメーカーの方へ

人気キャラクターの絵柄で「ふくッチ」を作ってみませんか?

例えば、開いた状態と閉じた状態とで絵柄が繋がるように、ストーリー性を持たせてあると、手を拭くことが楽しくなるかもしれません。

 

 

〇 生地メーカーの方へ

抗菌加工生地などを用いて、より衛生的な「ふくッチ」を作ってみませんか?

 

 

〇 服飾メーカーの方へ

エプロンに「ふくッチ」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エプロンは、汚れの付く作業をする際に着けるものなので使っているうちに汚れてしまいますが、エプロンを着けるような作業をしている時には手洗いの機会も多いため、頻繁に手を拭きたくなります。

そんな時に、洗い終えたキレイな手を汚れたエプロンで拭くのも…

きれいな布で手を拭けるように、エプロンの両サイドのスリットからエプロンの内部に手を差し入れてササっと拭けるようになっていると便利です☆

 

 

〇 バッグメーカーの方へ

バッグに「ふくッチ」を一体化させたデザインの製品を作ってみませんか?

エコバッグのようにジャブジャブ洗える布で作ってみませんか?

 

 

※ 柔軟に対応させていただきたく思っております。色々なアイディアをご提案できます。

ご関心がありましたら、連絡をくださいませ。お待ちしております!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

ページの先頭へ