「出店・出展情報」の記事一覧

ベロンとした長さにチョッピリ困る? 新提案!コンパクト手拭い

71PV

出店・出展情報 手拭きアイテム[Fukucchi]

昨年の夏は、色々なお店の「特設売り場」が、ファッショナブルな手拭いで彩られました。

世間は手拭いブームのようです!

手拭いブーム、数年前から始まって、わりと長く続きますねー (・o・)

 

 

わたしが子供だった頃は、手拭いを粗品として頂戴する機会というのがまだあったのですが、この頃は、まずそういった機会がないですね。

時代と共に、すっかり主役がタオルに置き換わってしまって…

 

 

けれど、今になってまた、日本人が手拭いの良さを「思い出した」のではないでしょうか?

そのくらいの熱さを感じます。

江戸時代からの「手拭い」が、今の時代に、ファッショナブルなデザインで舞い戻ってきた!

これはブームというよりも… もしかすると、定着に向かっていく流れなのかもしれません!?

 

 

かくいう私も、手拭い好き(*^^*)

手拭いには、タオルには無いメリットがあります。

高吸水性・高速乾性で、かつ、畳むととてもコンパクトになります♪

また、繊細で美しいデザインの製品も多く、最近は、こうした美しい手拭いを、

額縁に納めて部屋に飾る人も多いと聞きます☆

 

 

 

額縁に入れた手拭い

 

 

 

ただ、手拭いにはデメリットもあります。

意外と使いこなしにくい。

手拭いは、長いうえ薄いので、昔の人は頭に巻いたり、首に掛けたり、腰に引っ下げたりして便利に使えていましたが…

現代においては、ちょっと、↑「こういったやり方」では持ち歩きにくいですよね?

かといって、例えば、畳んだ状態でそのままバッグの中にしまうと、長いがゆえに、内側になった面が乾きにくかったり、バッグの中でいつの間にかベロンと広がって、果てはシワクチャになってしまったりしませんか?

端っこがポロポロとフリンジ状にほつれてくるのも…

可愛い♪と思って購入してみたものの上手く使いこなせないなー… という方も、おそらく居るんじゃないでしょうか?

 

 

私が作って販売しているFukucchi(ふくッチ)は、手拭いから仕立ててあります。

他社製品の中には、長い手拭いを1/3サイズにカットして端をまつり、ハンカチサイズにした製品もありますが、私が作っているFukucchi(ふくッチ)は、カットせずに、長い手拭いをあたかも折り紙を折るように畳み、縫製することで、手の平大のサイズに仕上げてあります。

だから、コンパクトサイズでありながら、ふんわりとした厚みがあります。

Fukucchiは、中に大きな手拭いの面積をそのまま保有する、新しい手拭きアイテムなんです☆

 

 

ふくッチ
              Fukucchi(ふくッチ)

 

 

 

先週と今週は、3/3「さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル」で出店時に並べるための、Fukucchiを作っていました。

今回並べるFukucchiは、全て100円ショップで取り扱いの手拭いで作ったものなので、本手拭いの手拭いとは質感がが異なることを先にお伝えしておきます(_ _)

本手拭いを使用して作りますと、2,000円を超える高級品になってしまうため、申し訳ありません(_ _)

本手拭いのFukucchiをご希望の方は、オーダーメイドに近い形でしたら喜んで承りますので、メールをいただけましたらと思います。

 

 

 

ふくッチ
        レディース ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

メンズ ふくッチ 販売額:1,300円予定
         メンズ ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

 

Fukucchiは、作る時の「折り畳み方」に特徴があります。

Fukucchiは、左右の手を2つある開口それぞれから差し入れて拭くようになっていますが、2つある開口それぞれが、個別の袋状を有しているので、開口部から差し入れた左右の手は、それぞれが別々の袋状の中に納まります。

中で、左右の手同士が布を介した状態で接するので、両手がふんわりと、甲まで布に包まれた状態になり、気持ちよく手を拭けるようになっているのです。

よく、実物を見ていない方からは「両開口の内部は筒状になっている」と勘違いされるのですが、そうではない点が、気持ちよく手を拭ける「ミソ」なんです。

両手が指先までふんわり包み込まれる新感覚を、是非お試しください(^○^)♪

 

 

ふくッチ
              開いた状態(内側の面)

 

 

ふくッチ使用方法

 

 

Fukucchiは、手拭いのベロンと長い表面積を、ムダなく活かした新形体☆

2年ほど前に書いて、当ブログの人気記事にもなっている

記事:「 濡れたハンカチをスピーディーに乾かせる☆折り方&吊り方

に近い原理を有しているので、ただ畳むよりも、高い速乾性を期待できます。

乾きやすさにおいては、とにかく、空気に触れる面を増やすのが「ミソ」なんです。

 

 

ふくッチ使用方法_手の入れ方
        画像が良くないですが… 手首まで入ります☆

 

 

 

もう1つ、Fukucchiのお勧めポイントは、

外側の乾いている面を、手を拭くのとは別の用途に使える点です。

1枚のハンカチを、「汗拭き・手拭き」兼用で使うことに抵抗感のある方には、Fukucchiなら、「使用する面を分別して使える」という点がお勧めポイントになります♪

ハンカチの使用実態について調べていますと、汗拭き用と手拭き用、2枚のハンカチを使い分けている方もおられます。

「汗拭き・手拭き」兼用が気になる方は、「汗を拭く」時は 外側の面を、「手を拭く」時は 内側の面を使っていただけますと、ストレスなく気持ちよくお使いいただけるかと思います。

 

 

ふくッチ

 

 

 

Fukucchiについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください(^-^)

こちらをクリック☆

 

 

 

 

 

[出店します]ハンドメイド品販売イベント

228PV

出店・出展情報

「さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル」に出店します。

当イベントについての詳しい情報は、以下をご覧ください(^-^)

私の出店は、3/3(日曜)のみです。

 

 

 

コムナーレフェスティバル

 

 

 

[主催者サイト]
こちらをクリック☆

 

 

チラシのPDFファイルです。↓

チラシ裏面も、こちらからご覧いただけます。

 

 

[PDFファイル]
こちらをクリック☆

 

 

埼玉県さいたま市の浦和駅にあるPARCOで開催されるイベントです。

私の出店は、PARCO前広場ですが、当日、PARCOビルの9階でも、色々な展示・発表・体験・相談・販売 が行われるようです。

楽しんでいってください♪

 

 

-----------------------------------------

・出店日時:平成31年3月3日(日曜)午前10時~午後4時まで
・出店会場:浦和駅東口駅前市民広場(PARCO前広場にてテント設置)
      浦和駅東口徒歩1分

-----------------------------------------

 

 

私は、今回、ままえん」ハンドメイド部としての参加です。

「ままのえん」からの出店者数は若干4名ですが、他団体からの出店もあるので、賑わうのではないかと思います。

 

 

当日は、ネットでの販売開始に先駆けて、「ハンカチホルダーoriduru・ポケット無しタイプ」を持っていきます。

「ハンカチホルダーoriduru・ポケット無しタイプ」は、中にポリプロピレン・シートが入った新タイプ☆ 詳細はこちらをご覧ください。

ネットで販売中の「ハンカチホルダーoriduru・ポケット付きタイプ」は、展示サンプル用として、いくつか持っていく予定です。

 

 

 

イベント販売_oriduru
        ポケット無しタイプ・ハンカチホルダーoriduru
     販売額:ナイロン製 1,300円  ラミネート製 1,350円

 

 

 

また、現在、ネット販売停止中の「手拭きアイテムFukucchi」も持っていきます。

 

 

 

ふくッチ
       レディース ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

メンズ_ふくッチ
         メンズ ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

見るだけでも構いません♪

どうぞお気軽にお立ち寄りください(˘◡˘)

 

 

 

産業交流展2017終了しました☆

424PV

出店・出展情報

産業交流展2017終了しました。

ブースにお立ち寄りいただきました皆様、どうもありがとうございました!

 

 

私にとっては、初めての出展でした。

今回、ご縁あって、株式会社ささき様のご厚意により、ブースを間借りさせていただきました。

ハンカチホルダーoriduruを展示致しました。

まだ駆け出しですから、1ブース借りるには…

とても助かりました。

 

 

 

産業交流展2017
      他の発明家さんとの交流も有意義でした。縁つなぎやアドバイスも、ありがとう♪

 

 

 

有意義な3日間でした。

正確に言えば、1日目は至らない点が多く(展示・声掛け・説明の仕方)、なかなか自分の製品を効果的にアピールするに至らない状況でした。

同じブースの他の発明家さんは、しょっちゅう来場者様と名刺交換をしているというのに、何故か、同じ動きを自分はできずにいました。

特に展示の仕方については、隣りで出展していた友達の方が私よりも慣れていて、私の展示の酷さを見かねて、1日目から、だいぶアドバイスをしてくれました。

アレが足りない、コレが足りない。。。etc (ありがとう!)

 

 

友達や、色々な方のアドバイスを受けて、1日目より2日目、2日目より3日目と、展示の仕方を改善していきました。

だんだんと、説明の仕方も板についてきました。(1日目より)

それと共に、来場者様と名刺交換する動きを、自分もできるようになっていきました☆

1日目と2日目は、3日目の為にあったような… それくらいに、日によって効果に差が出ました。

でも、1日目と2日目がなかったら、当たり前ですが3日目も来なかったわけで…

後から思うと、1日目と2日目は、やや無駄に過ごしてしまった感もありますが、色々と学ぶことはありました。

日ごとに効果が上がっていったのだから、初めての展示会としては、これで満足すべきかな。

 

 

「3日目は好調でした!」と言いたいところですが…

それでも、3日目をもってしても、広い会場をセカセカと行きかう方々に足をとめていただき、話を聞いていただくことは、簡単ではありませんでした。

今更こんな事を言うと言い訳じみていますが、長つくえ半分というスペースの展示に目をとめていただくためには、製品名の入った大きな看板は「必須」でした。(次回までに絶対準備!)

 

 

私は、展示品の前に出てどんどんチラシを差し出していましたが、8割の方は、チラシを受け取る事も目線を向けてくださる事もなく、通り過ぎていってしまいました。

1割の方はチラシだけを受け取ってそのまま去り、残りの1割の方だけが、チラシを受け取ったうえ説明まで聞いてくださいました。

 

 

それでも、3日間で数十名の方々に、ハンカチホルダーoriduruを見ていただくことができました。

話の流れによっては、「こういうのもあるんです」と、手拭きアイテムFukucchi の方も見ていただいていました。

「出逢いは奇跡」、を実感しました。

目の前を8割の方に素通りされたわけですからね(^_^;)

チラシを受け取ってくださった皆様、説明を聞いてくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

 

今回、立ち寄ってくださった方にハンカチホルダーoriduruを見ていただいて、(カウンターで数えていたわけではないので感覚としてですが)約6割の方から、良い反応を受けました。

「そう、これ必要☆」「よく考えたねぇ!」「かわいい」

「これはイイなぁ…」「個人的に欲しい」「グッドアイディア!」

3割の方は、無関心に近い反応。

「はい、ありがとう」「ふーーん」

残り1割の方からは良くない反応。

「自分は、濡れたハンカチをポケットにしまうことに抵抗がない」「自分には必要ない」

来場者様の性別は、男性7割・女性3割くらいだったでしょうか? これも感覚としてですが。

 

 

見てくださった方の反応の比率(6:3:1)は、私にとって上々。嬉しい結果でした(^-^)

1割の良くない反応だった方は、ほぼ、個人的な衛生観念によるものでした。(「自分は、ハンカチのしまい方に悩んでいない」という)

1割の良くない反応だった方へは、濡れたハンカチの衛生について湿気によるハンカチの雑菌の増殖率を数値で示してみたり、濡れたハンカチのしまい方に悩んでいる方がどれだけ多くいるのかをグラフで示してみたりすると、また変わってくるんじゃないかと思っています。

3割の無関心な反応だった方へは、今よりデザイン性を高めた製品を見せることによって、ある程度、「関心を寄せていただける!」方向へ持っていける、その自信はあります。

絶対に必要なことだと思っているので、これから頑張ります。

 

 

私が「ハンカチホルダーoriduru」の販売を始めたのは、約2年前です。

その頃のoriduruは、今とは構造が全く違っていました。

共通しているのは、「ワキが開いていて通気性が良い」点くらいで。

その頃のoriduruに、私は、「アレもできてコレもできて、こんな使い方もできて… etc 」と、色々な宣伝文句を織り交ぜていました。

今思い返すと、「アレコレ」言ってたほとんどは、中途半端というか、特段、要る機能でもなかった感じですが…

加えて、「作りが複雑で作るのが難しい・使い方の説明が必須・斬新すぎる・高価」というどうしようもなさで…

それでも当時の自分は、それが、「濡れたハンカチ問題」を解決するBESTな形なんだと信じていました。

ところが、このoriduruを、意気揚々としてハンドメイド品の販売イベントに出すと、もう全然ぼろぼろで…

9割の方が無関心。

「ふーーん」

残り1割の方は、ひと言ふた言、声を掛けてくれる。

「子供にはいいよねぇ」「売れるといいねぇ」「ハンカチのしまい方、困るものねぇ」

けれど買っていってはくれない、という…

 

 

これほどの底辺がSTARTだった「ハンカチホルダーoriduru」ですから、今回受けることができた一定の評価というのは、私にとって嬉しいものでした。

あの頃から改良に改良を重ねてきて、「やっと、ここまで来れたんだな」という手応えを、見てくださった方々の反応から感じとることができました。

もちろん、産業交流展とハンドメイド品販売イベントとでは、お客様の「視点」「男女比」が異なるので、簡単に比較していいものではないんでしょうが…

少なくとも、「諦めずにここまでやってきたことは、間違っていなかったんだ」ということを認識することができた、今回の展示会でした。

ここからどう進んでいこうか。また、戦いです☆

 

 

2年前ののoriduruと比較して今のoriduruは、構造が、かなりシンプルになってきています。

構造が、発明の本質に、より近づいてきたように思っています。

 

 

今回の展示会での出逢いを思い返すと、「量産化したものを仕入れて販売」という方向ではいくつか気になるお話をいただきましたが、他製品(バッグ・エプロン・よだれ掛け・スモック・作業着など)との一体化、つまり、新商品の共同開発という方向では、残念ながら出逢いがありませんでした。

もしこの記事をご覧いただいて、少しでも興味を持ってくださる方がおられましたら、いつでもご連絡くださいませ(_ _) お話しさせてください。

他製品との一体化例については、こちらの記事「到達させたい「おりづる」の未来像」に載せていますので、ご覧くださいませ。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

私の、濡れたハンカチ問題 に取り組むモチベーションは高いです。

条件に合わせて、柔軟にアイディアをご提案致します。

今後とも、ハンカチホルダーoriduruをどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

産業交流展2017
  他の発明家さんとの交流も有意義でした☆  勉強させていただきました。ありがとうございます♪

 

 

 

ページの先頭へ