「手拭きアイテム[Fukucchi]」の記事一覧

ベロンとした長さにチョッピリ困る? 新提案!コンパクト手拭い

2PV

出店・出展情報 手拭きアイテム[Fukucchi]

昨年の夏は、色々なお店の「特設売り場」が、ファッショナブルな手拭いで彩られました。

世間は手拭いブームのようです!

手拭いブーム、数年前から始まって、わりと長く続きますねー (・o・)

 

 

わたしが子供だった頃は、手拭いを粗品として頂戴する機会というのがまだあったのですが、この頃は、まずそういった機会がないですね。

時代と共に、すっかり主役がタオルに置き換わってしまって…

 

 

けれど、今になってまた、日本人が手拭いの良さを「思い出した」のではないでしょうか?

そのくらいの熱さを感じます。

江戸時代からの「手拭い」が、今の時代に、ファッショナブルなデザインで舞い戻ってきた!

これはブームというよりも… もしかすると、定着に向かっていく流れなのかもしれません!?

 

 

かくいう私も、手拭い好き(*^^*)

手拭いには、タオルには無いメリットがあります。

高吸水性・高速乾性で、かつ、畳むととてもコンパクトになります♪

製造時に、細やかな絵柄がキレイにのるので、繊細で美しいデザインの製品も多い。

最近は、こうした美しい手拭いを、額縁に納めて部屋に飾る人も多いと聞きます☆

 

 

ただ、手拭いにはデメリットもあります。

意外と使いこなしにくい。

手拭いは、長いうえ薄いので、昔の人は頭に巻いたり、首に掛けたり、腰に引っ下げたりして便利に使えていましたが…

現代においては、ちょっと、↑「こういったやり方」では持ち歩きにくいですよね?

かといって、例えば、畳んだ状態でそのままバッグの中にしまうと、長いがゆえに、内側になった面が乾きにくかったり、バッグの中でいつの間にかベロンと広がって、果てはシワクチャになってしまったり… しますよね?

端っこがポロポロとフリンジ状にほつれてくるのも…

可愛い♪と思って購入してみたものの上手く使いこなせないなー… という方も、おそらく居るんじゃないでしょうか?

 

 

私が作って販売しているFukucchi(ふくッチ)は、手拭いから仕立ててあります。

長い手拭いを、あたかも折り紙を折るように畳み、縫製することで、手の平大のサイズに仕上げてあります。

Fukucchiは、コンパクトサイズでありながら、中に大きな手拭いの面積をそのまま保有する、新しい手拭きアイテムです☆

 

 

ふくッチ

 

 

 

先週と今週は、3/3「さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル」で出店時に並べるための、Fukucchiを作っていました。

今回並べるFukucchiは、全て100円ショップで取り扱いの手拭いで作ったものなので、本手拭いの手拭いとは質感がが異なることを先にお伝えしておきます(_ _)

本手拭いを使用して作りますと、2,000円を超える高級品になってしまうため、申し訳ありません(_ _)

本手拭いのFukucchiをご希望の方は、オーダーメイドに近い形でしたら喜んで承りますので、メールをいただけましたらと思います。

 

 

 

ふくッチ
        レディース ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

メンズ ふくッチ 販売額:1,300円予定
         メンズ ふくッチ 販売額:1,300円予定

 

 

 

Fukucchiは、作る時の「折り畳み方」に特徴があります。

Fukucchiは、左右の手を2つある開口それぞれから差し入れて拭くことができるようになっていますが、2つある開口それぞれが、個別の袋状を有しているので、開口部から差し入れた左右の手は、それぞれが別々の袋状の中に納まります。

中で、左右の手同士が布を介した状態で接するので、両手がふんわりと、甲まで布に包まれた状態になり、気持ちよく手を拭けるようになっているのです。

よく、実物を見ていない方からは「両開口の内部は筒状になっている」と勘違いされるのですが、そうではない点が、気持ちよく手を拭ける「ミソ」なんです。

両手が指先までふんわり包み込まれる新感覚を、是非お試しください(^○^)♪

 

 

ふくッチ
              開いた状態(内側の面)

 

 

ふくッチ使用方法

 

 

Fukucchiは、手拭いのベロンと長い表面積を、ムダなく活かした新形体☆

2年ほど前に書いて、当ブログの人気記事にもなっている

記事:「 濡れたハンカチをスピーディーに乾かせる☆折り方&吊り方

に近い原理を有しているので、ただ畳むよりも、高い速乾性を期待できます。

乾きやすさにおいては、とにかく、空気に触れる面を増やすのが「ミソ」なんです。

 

 

ふくッチ使用方法_手の入れ方
        画像が良くないですが… 手首まで入ります☆

 

 

 

もう1つ、Fukucchiのお勧めポイントは、

外側の乾いている面を、手を拭くのとは別の用途に使える点です。

1枚のハンカチを、「汗拭き・手拭き」兼用で使うことに抵抗感のある方には、Fukucchiなら、「使用する面を分別して使える」という点がお勧めポイントになります♪

ハンカチの使用実態について調べていますと、汗拭き用と手拭き用、2枚のハンカチを使い分けている方もおられます。

「汗拭き・手拭き」兼用が気になる方は、「汗を拭く」時は 外側の面を、「手を拭く」時は 内側の面を使っていただけますと、ストレスなく気持ちよくお使いいただけるかと思います。

 

 

ふくッチ

 

 

 

Fukucchiについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください(^-^)

こちらをクリック☆

 

 

 

 

 

どうしてFukucchi?(ネーミングの話)

263PV

手拭きアイテム[Fukucchi]

Fukucchi(ふくッチ)は、ハンカチに代わる、新しいタイプの手拭きアイテムです。

 

 

このアイテムは、簡単に手を拭けることから、

「拭く+ワンタッチ → ふくッチ」とネーミングしました。

また、本体の内側で手を拭ける構造になっているので、「拭くは内」。

これをつなげて「ふくウチ → ふくッチ」、という意味合いもあります。

 

 

Fukucchi(ふくッチ)は、日本らしさを意識してネーミングをしました。

Fukucchiのロゴは、「節分の枡(ます)」をモチーフにして作りました。

上述の「拭くは内」が、節分の「福は内」と言葉が近いことから、そのようにしました。

手を拭くために持ち歩く「いつものアイテム」に、縁起を担がせた感じです。

皆さまにいつも福が舞い込んできますように、という願いを込めて☆

 

 

手拭きアイテム「ふくッチ」

 

 

新・手拭きアイテム「ふくッチ」

 

 

 

日本では、幼い頃からお母さんがハンカチを服に安全ピンで付けてくれたり、小学校でも持ち物検査があってハンカチを持っていない人は注意されたりしますよね。

大人になってからも、お手洗いの後に手をハンカチで拭こうとせずに髪の毛やズボンなどで拭いてしまう人は、「だらしない」と、否定的な目で見られてしまうものです。

 

 

日本人は、外出から帰ってきたら手を洗い、トイレの後に手を洗い、食べ物を食べる前に手を洗う。衛生的な水がいつも蛇口から出てくる安心感もあるのか? 日本人は、好んで頻繁に手を洗います。

そして、洗った後にはハンカチやタオルで丁寧に水分を拭き取ります。

 

 

手を洗ったところでズボンで拭いてしまうのが当たり前の国もありますし、「ハンカチは鼻をかむため」に使うのが当たり前の国もありますし、「ハンカチで手を拭く」習慣を持っている国は、世界的に見てそう多くありません。

 

 

どうして、日本人に「ハンカチで手を拭く」ことが習慣づいたのか? ちょっと調べましたがハッキリはしませんでした。

でも、やはりあの「手を拭く」仕草の美しさ、そして、他人に迷惑を掛けないように(手についた水を跳ね飛ばしたり、下にポタポタ垂らしたりせず)、きちんと自分で片付けようとする感覚。これって、いかにも日本人らしいのではないでしょうか?

 

 

「ハンカチ」で手を拭くことは、昔からいつも日本人が大事にしてきた仕草や心掛け(美しい国民性)そのものなのではないか?という気さえします。

日本には、江戸時代の頃から、「手拭い(てぬぐい)」という手を拭くのに適した布が、庶民の生活の中にありました。

「手拭い」で手を拭くと、しっかりと水分がとれ、さっぱりとして気持ちがよいものです。

時代を超え、現代においても、いまだ根強い「手拭いファン」がいるくらいです。

 

 

手拭きアイテムFukucchi(ふくッチ)が、手を拭く習慣を持つ日本人の生活に寄り添えるものとなりますように。

oriduruのネーミングの話は、こちらから。

 

 

 

ページの先頭へ