「取り扱い商品」の記事一覧

[試作]ポリプロピレン製のハンカチホルダーoriduru

1PV

ハンカチホルダー[oriduru]

クリアファイルと同素材のPP(ポリプロピレン)シートで[ハンカチホルダーoriduru]を作り、完成しだい、新商品として発売したいと考えています。

 

 

今日は、試作をしてみました。

 

 

現在販売中のPVC製の方は、ビジネスパーソンがオフィスで使える品質と高級感を目指して作ったのですが、

PP製の方は、より広いターゲット層に向けて、日常生活で気軽に使っていただけるように作ろうと思っています。

小学生にも使ってもらいたい(^-^)

 

 

PVC製の方は、カバーの上辺を「カシメ」という部品を使って閉じているところ、

今度のPP製の方は、カバーの上辺を「二重環」という部品を使って閉じる予定です。

これは、より軽く、より安価な部品になります。

PVC製の方に二重環だと、そこだけ少しカジュアルな感じになってしまうので違うかなという気がしますが…、

PP製の方には、二重環の方が、文房具の軽い感じで、カシメよりもむしろ合うのではないかなと思っています。

 

 

 

二重環

 

 

 

PVC製[約16cm角]のおりづるの方に、「もっと小さい方がよい」というお声が届いているので、

サイズをもっと小さくしたらどんな風になるのか調べるべく、今より3cm小さい[13cm角]で試作をしてみたところ、13cm角でも、一般的な20cm角のハンカチは収まることがわかりました。

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
13×13cm

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
ヨコから。中に入っているのは、20×20cmのハンカチ

 

 

 

おりづるは、布製の頃から長らく、カバーのサイズは約16cm角でした。

ハンカチを四つ折りにして上下がヨレることなく収まり、ハンカチがサイドからはみ出ることのないサイズ、と考えて16cm角としていましたが、中だけでなく外から見たコンパクトさも大事ですから、できるだけコンパクトなサイズになるように、改良しますね。

 

 

ということで、いくつか試作した結果、

なんと最後には、こんな横長形状になってしまいました!(@@)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
9×15cm(9cmは、真ん中で折り目を付けた場合)

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
ヨコから。 中に入っているのは、20×20cmのハンカチ

 

マスク入れoriduru試作品
マスク・スカーフ・手袋などの収納にも適したサイズ感 ♪(写真は、マスク。)

 

 

 

なんでこんなに横長になってしまったのかというと…

ハンカチホルダーoriduruは、

「カラビナにレールがぶら下がって、レールにクリップがぶら下がって、クリップにハンカチがぶら下がる」作り

であることが宿命で、これだと、ハンカチがバッグ内の深い位置でぶら下がるかたちになります。

けれど、それだと「ハンカチを取り出しにくい」ので、むりやりにでもキュッとバッグ内の浅い位置にハンカチをとどめさせる作戦が必要なのですが、それが、この「横長作戦」!

それで、こんな横長形状になったわけです (^^)

 

 

実は、タテの長さを短くすると、もう一つメリットがあります。

ハンカチホルダーが[16cm角]でも[13cm角]でもそうなのですが、

ハンカチが、ハンカチホルダーの中で比較的ゆるーく収まるので、これだと、バッグなどに下げたハンカチホルダーが揺れることによって、ハンカチがカバーのサイドからはみ出しやすい、という点があります。

中でゆるく収まるようにしたのは、ハンカチホルダー内部の通気性を保つためなので、自分としては意味なくやっていたことではないのですが、

ゆるいせいで中でハンカチが泳いでしまい安定しないのは、欠点でもあるのです…

ハンカチホルダーのタテの長さが短くなれば、比較的、キュッときつくハンカチが中で収まるようになるので、バッグなどに下げたハンカチホルダーが揺れても、ハンカチがカバーのサイドからはみ出しにくくなります。

これが、横長にして得られる、もう一つのメリット。

 

 

タテの長さを、7.5cm、9cm、10cm と変えて3つ作って、

中に同じサイズ[20cm角]のハンカチを入れて比較してみましたが、9cmがちょうど収まりが良いように感じました。

それが、上の画像の試作品になります。↑

 

 

ヨコの長さについては、タテの長さを短くするとハンカチがヨコに広がりがちになるので、15cmは必要かなと思いました。

画像ではハンカチをキレイにしまってあるのですが、もしハンカチを無造作に中に突っ込んでいただいてもハミ出しにくい長さが必要かなと思い、ヨコの長さを15cmにしました。

 

 

先ほど、ハンカチホルダーoriduruの構造について、

「カラビナにレールがぶら下がって、レールにクリップがぶら下がって、クリップにハンカチがぶら下がる」作り

と説明しましたが、レールは、ハンカチをカバーの外側にスルッと引き出すのに必要な、大切な部品です。

※ レールは、具体的には丸環などを使用。

 

 

下の画像は、ハンカチをカバーの外側に引き出した様子を写したものです。

oriduruは、一番最初は別の特許で、両サイドが開いている以外は今と全く異なる構造のものでした。

その後、カバーのサイドにある開口部から手を中に突っ込んで拭く構造にしたときもあるのですが、

それを改良をして、カバーのサイド入口付近までハンカチを引き出せるようにして、

さらに改良をして、今は、上辺の全てではなく真ん中一点だけを閉じることによって、サイドから引き出したハンカチを、上辺の開口している部分からもスルリと出せるようにしました。

これは、現在販売中のPVC製のものも、既にそのような構造にしてあります。

ハンカチがクリップに挟まれた状態のままで手を拭けるので、とても便利です。

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
透明なので見づらいですが、ハンカチの後ろにハンカチホルダーがあります。

 

 

 

どうですか? 横長のoriduru、コロンとして可愛くないですか??

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
9×15cm さっきの画像、ふたたび(^-^)

 

 

 

シートの真ん中に二つ折り加工は、しないつもりでいます。

カバーをコロンと立体のままにさせておいた方が、内部通気性が良いからです。

もちろん、ペタンとしている方がスッキリして良いという方もいらっしゃると思います。

そういう方は、お使いになる前に、ご自身でカバーを押しつぶしてペタンと折り目を付けていただけたらと思います☆

PPシートはクリアファイルと同素材なので、だれでも簡単に折り目を付けることができますよ(^-^)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru試作品
ヨコから。さっきの画像、ふたたび(^-^)ロールケーキみたい?

 

 

 

試作では、中の様子が分かりやすいように透明のシートを使いましたが、

商品化する際には、表面にプリントを施すことを予定しています。

ネットでシンプルなパターン素材を提供していらっしゃるサイトの管理者さんから、素材の使用許可をいただくことができたので、男性向け・女性向け、数種類、プリントしたものを用意しようと思っています。

シンプルで素敵なパターンがあるサイトなので、「どの柄が良いかな」と選ぶだけで、ワクワクします(^-^)

 

 

上に付けるカラビナも、試作で使ったのは丸カラビナですが、

小学生女子向けにはハート型のを合わせてみたり、男性向けにはちょっとゴツイのを合わせてみたり、カバーの柄にあわせて変化させることで、ちょっと遊べそうだなと考えています ♪

 

 

よく、新商品展示会などで、色とりどりに展開された商品がズラリと並べられたブースがあると、つい、その「お花畑」へスイーッと引き寄せられてしまう私なので、自分も、そういう商品展開の仕方をしていけたらいいなと思います。いつかは。

 

 

けれど、最初はやはりリスキーなので、最小ロットってところですかね…

加工会社さんに見積もり依頼を出すも、「最小で最小で」と叫んでいます( ^^;)

 

 

 

 

気付きをくれた本&特許庁からの封筒

21PV

ハンカチホルダー[oriduru]

久しぶりのブログです…

このところ、ハンカチホルダーに関する仕事の手も、ほぼ止まっていました(^^;)

 

 

ハンカチホルダーのことは、いつも頭の片隅にあって、

進められないことを、悔しいな~とずっと思っていました。

 

 

(ブランク期間のじぶんの感覚としては…)

慌てて家を飛び出して、履いてきたサンダルのまま勇んでマラソン大会に参加したところ、

サンダルが途中で壊れてしまい、あげくの果て足も故障して、走れなくなってしまったので、そのままフェードアウト。

足を引きずりながらスニーカー(手頃なやつ)を店に買いに行き、

足のケガを直して、スニーカーに履き替えていた感じです。

 

 

もっと現実的に言うと、

生活面など仕事以外の面に支障がいろいろ出はじめたので、それを一つずつ一つずつ片付けていた感じです。

これまでもフェードアウト自体はときたましていましたが、

その度に、発生した問題を一つずつ一つずつ片付けてから、また戻ってきている感じです。

(ある意味、これが通常運転になっている… )

 

 

わたしは、割りといつもセカセカとしていて、何かとギリギリ、余裕がないタイプの人間で、

なんでかな?とつねづね思ってはいましたが、

先日、「13歳から分かる!7つの習慣」という本を読んで、ちょっと腑に落ちた感がありました。

 

 

過去に「完訳 7つの習慣」を最後まで読み切れなかったヘナチョコなので、

息子がもうすぐ13歳になるということで、より分かりやすく解説された「13歳から分かる!7つの習慣」の方を息子と一緒にと思いたち、読んでみた次第です。

 

 

 

7つの習慣

 

 

 

 

7つの習慣の一部分を取りあげますと、

第3の習慣に、

 

 

「行動を4つの領域に分けて優先順位をチェックする」

第1領域が「緊急であり、重要でもあること」

第2領域が「緊急ではないけれど、重要なこと」

第3領域が「緊急ではあるけれど、重要ではないこと」

第4領域が「緊急でも重要でもないこと」

 

 

とあるのですが、

いちばん大事なことがどの領域に入っているかって、

本を読みながら、わたしは

 

 

そりゃぁ「第1領域」でしょ! 緊急・重要、ぜったいでしょ!

 

 

と思っていたのですが、少し驚き。

著者は、いちばん大事なことは「第2領域」だと言うのです。

成功を手に入れるためには、できるだけたくさんの「今」を、第2領域に注がなくてはならないのだそうです。

 

 

自分が、いかに多くの時間を「第1第3第4領域」の方に使っているか、それを思い返したら、

なぜ自分がいつもセカセカして余裕がないパターンに陥りがちなのか、腑に落ちた気がしました。

 

 

たしかに、本当にデキる人って、セカセカしているように見えないんですよね。

余裕があって、落ち着きはらっていて、忙しくないようにさえ見えるのに、謎に仕事ができるのナゼ?と不思議に思っていたのが、「なるほどね~」となりました。

きっと、優先順位の付け方が上手いんですね。

デキる人って、少なくとも人前では余裕があってゆったりしているように見えるのですが、

人の見ていないところでは絶対にセカセカして、

焦ったり転んだり、しているんだろうな(   ิ- ิ  ) 、とこれまで思っていましたが、

案外、本当に、人の見ていないところでもセカセカせずに上手く生きれているのかもしれないなと、この本を読んで思うようになりました。

だとしたら、それってすごく充実した幸せな生き方ですね。いいなぁ。

わたしも、そっちの方がいいなぁ。

 

 

著者:

『 何が一番重要かを見極めれば、あれもこれも焦ってやる必要がなくなります。

そして、体力や気持ちにゆとりが生まれます。

ゆとりは、自分なりの考えを持ったり、重要なことにもっと深く取り組んだりすることに繋がります。』

 

 

改善方法は、

[ 第4領域→第3領域→第2領域 ]の順で、それに使っている時間を減らしていくのだそうです。

第4は、ゲーム・youtube・無駄なおしゃべり等、いわゆる息抜きに使うような時間のことなので、

気合いを入れて頑張れば、なんとか減らしていくことはできそうだけれど、

第1第3領域は、気合いだけじゃどうにもならなそう…

 

 

著者は、

第1第3領域は、主体性を持って自分の行動を自分で選ぶことで、減らしていくことができる。

と言っています。

第1第3領域って、自分でコントロールすることが可能なんですね(@@)

「こやつら(緊急な事項)、いっつもいつの間にか集まってきて、気付いたら山積みになってメチャクチャわたしを苦しめてくるのナゼ? (○`з´○) 」

なんて思い込んでいたけれど、

本当はそうじゃなく、足りていないのは、自分の主体性だったんですね(_ _)

本当に自分の力ではどうにもならない(排除できない)事項も中にはあると思うけれど、

ボケッとして目の前にある事項に片っ端から手を付けていこうとしているようでは、ハナから駄目ってことですね…

 

 

ゆったりと優雅な振舞いをする「デキる女」に憧れます  (´。✪ω✪。`)

自分がそう成れるような気は全然しないのですが… 少しでも近づけるように、

そして何より、自分自身がもっと「楽」に生きられるようにするために、

意識を少し変えてみようかな。

 

 

タイムリーに、良いことに気付かせてくれた本でした。

繰り返し読みながら、人生を自己修正していこう☆ と思いました。

 

 

そして、知財の話。

昨日、特許庁から封筒を受け取りました。

不在通知が入っていたのを、郵便局まで取りに行きましたが、特許庁からの封筒には毎回緊張します。

 

 

ドキドキしながら開けてみると、入っていたのは「ハンカチホルダーおりづる」の特許査定通知でした。

出願時(約4年前)には、なるべく広い範囲の権利をおさえられるようにと、弁理士先生に相談をしながら頑張りました。

ですから、てっきり何らかの拒絶理由通知がくるだろうと思っていたので、少し驚きました。

後から思えば「これも入れておきたかった」という事項はあるものの、

出願した当時に入れたかった事項は全て入れて出願、優先権主張出願までしたものなので、特許査定をいただけて良かったです。

 

 

実は今、もう一個、出願したい意匠権があって、

まだ出願書類を書き始めてもいないのですが、もう、かれこれ数カ月放置していて…(^^;)

「書かなきゃ!」と思いつつも、「他の雑用が多すぎる」と言い訳をしつつ後回しにし続けてしまう自分に、このところ苛立ちが募っていました。

悔しいな~って。

知財って、やっぱりスピードが大事だから。

 

 

出願書類を書くのは、自分にとってシンドイ作業で…

それもあって腰が重い。

書き始めると、1カ月くらいはそれに拘束されてしまうことになるので、

それこそ、また生活面などに支障が出てくるんじゃないかっていうのも、こわい。

 

 

長期間かけてやっと出願したって、結局は審査請求前に自分でそれを捨てる選択をしたり、特許査定になったってそれを捨てる選択をしたこともある。

特許権は、維持するだけでもお金が掛かるものだから。

でも、そういう「捨てる選択」を何度もしてしまうと、自分って時間もお金も、そうとう無駄にしているよなって自己嫌悪に陥ってしまう…

どの出願も、出願する段階では、まさか後で捨てることになるとは思わずに真剣に取り組むものなので、捨てる選択は、なかなか予見ができず、どうしても避けられないのが辛いところ。

たとえ誰かに、「こんなヘボい出願やめた方がいい」と論理的に有難く言ってもらえたとしても、出願を前にした自分は、気持ちが盛り上がって夢が膨らんでしまっているので、そう簡単には引き下がれないの分かっているし。

こういうことも含めて、出願書類を書くのは、やっぱりシンドイ(><)

心労がすごい…

 

 

でも、知財って、出願だけならやったところでなんの形もなく味気ないものなのだけれど、

それが権利という形あるものになれば、やはり嬉しいし、報われた感がある。

形といっても、物ではないから、正確には形ではないのかもしれないけれど、

それでも、自分が行使できる権利という意味では、形あるもののように見える。

今回届いた特許査定通知は、「色々、また頑張ろ!」という元気を、自分にくれたと思います。

 

 

また頑張ろ!

 

 

 

カシメのネジ、緩んで外れない対策![oriduru]

177PV

ハンカチホルダー[oriduru]

お客様からをご指摘をいただきました。

「ハンカチホルダーのカシメが、いつの間にか外れて、ハンカチホルダーをハンカチごと失くしてしまった」とのことでした。

 

 

発売前のこちらでのチェックが甘かったこと、とても反省しております。

こういったことは、こちらで検証をして、きちんと対策してあるべきでした。

ハンカチも一緒に失くされたとのことで、本当に申し訳なく思っております。

 

 

布製ハンカチホルダーの時には、このこと(ハンカチホルダーごと落としてしまう)を恐れて、スナップで留めた上から針で布を縫い付ける補強を、必ずしていました。

PVC製にしてからも、当然このことはしっかりと対策しなければならなかったはずなのに… 注意が足りていませんでした。

 

 

今、考えている対策は、

カシメのネジを閉めるときに、ネジに接着剤を塗ってからドライバーでしっかりと閉じる方法を取る ことです。

 

 

昨日、うまく出来るか試してみたのですが…

金属対応の瞬間接着剤を塗ってからドライバーで閉めようとしたところ、

瞬間接着剤は直ぐに乾くので慌てたこともあり、ネジに接着剤を多くつけすぎて、接着剤が、ネジを閉めた段階で外にはみ出し、カバーに付着してしまいました…

愚図すぎる(_ _)

 

 

数時間経ってから、ネジザウルス(という工具)とマイナスドライバーとで、強度を確認したところ、ガッチガチにくっついていて、もう外れませんでした。(合格?)

ただ、はみ出したことでカバーに付着した接着剤…

これが、ウェットティッシュで擦ってみましたが取れませんでした(T_T)(不合格)

 

 

それで、ネットで調べたところ、すぐに(1分くらいで)出てきたのが、「ネジの緩み止めにボンドが使える!」というどなたかの投稿で、

接着剤みたいに固まるのにドライバーやスパナである程度力をかけたら解除されるとのことです。

ボンドとは木工用のものですが、これは成分が酢酸ビニル樹脂で、成分がネジ止め剤とほぼ同じなのだそうです。

他にも幾つか同様の投稿がありましたので、このボンドを、カシメに試してみました。ネジにボンドを塗ってからドライバーでしっかりと閉じました。

その際に、ボンドをカバーにわざと付着させてみました。それで、1日置きました。

ただ、この方法についてですが、ボンドだと完全に乾くまで強度が出ません。

ボンドは木工用なので、ネジに期待できるのは接着効果ではなく、この方法は、固まった固形物にネジが引っ掛かるのを利用してネジの緩みを抑えるという主旨のものみたいです。

ボンドが完全に乾かないうちに強度を確かめようとしてネジを回すのは、出来かけた固形物が中途半端にヨレてしまうので、よろしくありません…

この方法も、ちゃんと乾かせて強度を出せるのなら悪くない方法だと思いますが、カシメをしっかりと閉めると、ネジに塗ったボンドが完全に乾くまでに何日か掛かると思います。

カバーにわざと付着させたボンドの方は、ウェットティッシュで擦りましたがスルッと取れました。(合格)

ボンドは乾くと透明になりますし、カバーに付着しても後で爪先や楊子でカリカリすれば取れるくらいでしたから、塗った時にボンドがはみ出しても、それほど気にしなくて大丈夫だと思います。

 

 

その後も色々と調べましたが、

販売するハンカチホルダーoriduruには、カシメを閉じる際、ネジゆるみ止め専用の接着剤(嫌気性)を使うことにしました。

ネジゆるみ止め専用の接着剤であれば、ちゃんと金属同士の接着効果が期待できるので、こうした専用の接着剤の方が信頼度は高いです。

 

 

ねじ緩み止め用接着剤は選べる強度に段階があって、

力を加えると外れる(低強度)→ 絶対に外れない(高強度)まであります。

これは、どれを選択するか迷うところですが、

中強度は、しっかりと着くが、工具で強めに力を加えると外れる。

高強度だと、永久固定、取り外し不可能!だそうです。(もう絶対に逃れられない感が怖い… )

それで、今のところ中強度が適当かなと思っております。

 

 

この中強度のネジゆるみ止め接着剤(嫌気性)を取り寄せて、カシメに試してみました。

ネジに接着剤を塗ってからドライバーでしっかりと閉じました。

その際に、接着剤をカバーにわざと付着させてみました。

嫌気性接着剤とは、あまり聞きなれないですが、「空気の遮断によって固まる」接着剤なのだそうです。

カシメのネジに接着剤を塗りカシメをしっかりと閉じた状態にすると初めて硬化が始まります。固着時間は20分だそうです。

30分くらい経ってから、ネジザウルスとマイナスドライバーとで、強度を確認したところ、ガッチガチにくっついていました。(合格!)

さて、カバーにわざと付着させた接着剤、こちらの方は20分程置いてからウェットティッシュで擦りましたが、スルッと取れました。

嫌気性なので、20分放置しても液体のまま固まらないのです。ただ、接着剤の色(青)が染み付いてシミになってしまいましたので、その点は残念でした。

青色のシミは、黒カバーなら判らない程度かと思いますが、白カバーだと判るというか、だいぶ目立ちます(><)

付着してしまったら即、ウェットティッシュなどで拭き取るようにすれば、大丈夫そうです。即です!(ギリギリ合格?)

 

 

当店では、「oriduruのカバーを自作しませんか?」などと最近、投稿を出していたので、

お客様自身にカシメのネジを閉じていただく時のことも考えなければと思っていたところでしたが、

お客様自身でカシメのネジを閉じていただく際にお使いいただけるように、

販売している「パーツ単品(シングルタイプ /ダブルタイプ)」には、小さな容器に入れたネジゆるみ止め接着剤(嫌気性)を付属させることとします。

爪楊枝を使ってカシメのネジに塗ると塗りやすかったので、爪楊枝も一緒に入れておきます(^-^)

 

 

今回、カシメが外れてしまったお客様、また、それと同等の商品をお届けしているお客様には、大変ご迷惑をお掛けしました。

状況確認やお詫びなど致しましたところ、逆に温かいお言葉を掛けていただけて、とても有難く感じました。

 

 

メーカーでもない ‘ただの個人’ が突然思いついて作った商品、誰からのレビューも付いていない商品を、それでも期待して購入してくださるお客様のことを、

今後、失望させるようなことをしていきたくないと思いました。

 

 

どれだけ使いづらい商品であったとしても、どれだけデザインがパッとしない商品であったとしても、

それ自体が突然落ちてなくなるだとか、それの中に入れていたものが一緒になくなってしまうだとか、そういう事態が起こることに比べたらまだ全然よいわけで…

そういう意味で、今回は、一番最悪な事態を引き起こしてしまったと、深く反省しております。

 

 

色々な方向からの品質のチェックを、今後、行っていかなくてはならないと思っています。

新しい商品も、また開発していきたいので、今後とも応援していただけましたらと思います。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ