「取り扱い商品」の記事一覧

[在庫処分]布製ハンカチホルダーoriduru(わずか)

10PV

ハンカチホルダー[oriduru]

樹脂製ハンカチホルダー、完成しています(^-^)

二種類のタイプ(シングル/ダブル)を、発売予定です。

わかりやすい説明書を付属させて販売したいので、今はそれを準備している段階です。

 

 

それと、今は、提出したい特許の追加書類の作成に追われています。

11月末まで。

ので、樹脂製ハンカチホルダー発売に向けたアレコレ準備のスピードがガクンと落ちています。

何でも早くから手を付けてやっていれば楽なのに… 毎度毎度、発動がギリギリな自分…(_ _)

これが明けたら、また、発売に向けた準備のほうに戻りますね。

 

 

あと、近々、布製ハンカチホルダーの在庫品を処分します。

いくつか手元に残っているものを、販売します。

ハンカチホルダーoriduruは今後、布で作る予定がもう無いので、

布製ハンカチホルダーoriduruが気になる方にとっては、手に入れる最後のチャンスになるかもです(><)

 

 

布製ハンカチホルダーoriduruの販売は、こちらのネットショップから行います。↓

ショップ会員様には、なにか商品がショップに登録されると、そのタイミングで自動でお知らせメールが届きます。

会員登録をしておいていただけますと、布製ハンカチホルダー・樹脂製ハンカチホルダー、どちらの発売時にも、スグにお知らせが届くかと思います。

ネットショップ2号店[SHOP-ANIN]の会員登録を、ぜひお願いします♪

 

 

 

【SHOP-ANIN】(ショップあにん)[会員登録はこちら
 https://shop-anin.stores.jp/signup?redirect_uri=/

 

 

 

 

ショップあにんでは、琉球雑貨などを取り扱っており、ただいま、セール中です。

在庫処分の色合いが濃く、再入荷の予定がない物が殆どとなっています。

ハンカチホルダーとあわせて、是非、ご覧になってみてください。

5,500円以上のご購入で、送料無料となります☆

 

 

 

 

SHOP-ANIN

 

 

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

オリジナルを存分に楽しめるシール!

55PV

ハンカチホルダー[oriduru]

さて、前回の記事でふれたシール の件です。

「ピタリン」というシールです。

 

 

このシールを5枚、入手してみました!

 

 

 

マイぴたりん

 

 

 

 

ピタリンのネットショップから購入しました。

ショップでは、送料が無料になるラインが設定されているので、今回は、そのラインをチョットだけ超える予算で(主婦の買い物感… )、選んでみました 。

 

 

【ピタリン ネットショップ】←こちら
https://pitarin.jp/collections

 

 

 

選ぶところから、まず楽しい ♪

デザインテイストが、偏ることなく色々そろっているのがイイ。

これなら、誰しもが、どれかしらのテイストにハマりそう(^-^)

 

 

 

ぴたりんネットショップ
ピタリン ネットショップ

 

 

 

下に特徴をあげて、このシールをご紹介します。

 

 

 

[PITARIN(ピタリン)シール]

布・不織布・木材・プラスチック・金属・ガラスなど、様々な「固体」にピタッと密着。

剥がそうとしなければなかなか剥がれず、

剥がそうとすれば簡単に剥がれて、はがした後もベタベタしません。

耐水性の高いオレフィン素材と特殊な糊を使っているので、水(お湯)の中でもはがれません。

耐熱性も優れているので、電子レンジや食洗機にもかけられます。

 

 

 

このシールを使うと、

身の回りの様々なものを、簡単にオリジナル製品に変えることができるのだそう。

 

 

そこで!

今回は、入手したこのピタリンシールを、ハンカチホルダーoriduruに貼っていきます☆

 

 

そして、イキナリ登場する、ハンカチホルダーoriduruの完成品 (* ⊙‿⊙ *)

(やっと形になりました~☆)

しかし、これについて説明しだすと話がブレてしまうので、今回はあまり触れずに…

シールの話を淡々と(笑)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
ロゴの面を表側に

 

 

 

これの↑ ネジ式カシメを外し、カバーを裏返してから再びカシメで閉じます。

そうすると、下のような、無地のハンカチホルダーになります。↓

つまり、カバーを裏返して、カバーの裏側を表側として使っていただけるんです☆

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
無地の面を表側に

 

 

 

さて、この無地の面に、ピタリンシールをおもむろに貼っていきます… と!

真ん中に貼るの、ムズカシ~(><)

真っすぐ貼るの、ムズカシ~(><)

 

 

あまり細かいコトは気にしないよっていう方には、思い切った貼り方もアリかもしれません…

が、うまく貼ろうとするなら、多分、一発じゃ無理(T_T)

シールを舐めてた。うまく貼るの難しい…

 

 

うまく貼れなかったのを剥がそうとすると、ノリ残り無くキレイに剥がせるは剥がせるのですが、

つい2度3度と貼り直しをゴニョゴニョやっていると、シールが部分的にベロンと伸びてしまい、シール自体が駄目になってしまいます。ご注意(><)

 

 

これは、商品の説明欄にも書いてあるのですが、

「はがす際は変形したり接着力が低下するため、貼り直しはできません。」とあります。

気を付けましょう。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

表面は、イマイチな仕上がりになってしまいました。 ↑

でも、いい案を思いつきましたよ(^-^)

裏面は、その「いい案」のお陰でキレイに貼ることができたので、よかったら、下のとおり試してしてみてください ♪

 

 


まず、シールをハサミで個別に切り離します。
(1枚のシートに2~3個くらい付いている場合)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


シールの裏紙を、一気に剥がしてしまうのではなく、先に四隅の裏紙だけを、三角状に切り落とします。
真ん中付近の裏紙は残したままにしておきます。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

たぶん、下の画像のように、裏紙の部分がちょっとシールからハミ出るように残してあると、この後の作業がやりやすいんじゃないかと。
※ 下の画像、分かりやすいように、シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 


貼りたい面の上に、軽くシールを置いて、貼る位置を決めます。
➁で三角状に切り落とした部分が小さく、裏紙を多く残してあるほど、位置決めのための貼り直しが何度もききます。
(シールの接着面積が小さく済むことから。)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


貼りたい位置が決まったら、真ん中付近に残してある裏紙をそっと剥がして、シール全体を面に押し付け、しっかりと貼ります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

この方法で、裏面は、きれいにシールを貼ることができました(^-^)

 

 

そして、次に、

女子向け可愛い系のシールを、白のハンカチホルダーoriduruに貼ってみました。

いかがでしょう? なかなか、お気に入りです。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
後ろ

 

 

 

けれど、

ロゴの入っている面を裏返しにしてシールをペタペタ貼るというこの行為…

ブランド戦略としてどうなの?というのは、大いにあると思います。

 

 

先日、支援センターのいつものアドバイザーさんに、得意げになって「ハンカチホルダーの裏面にシールを貼る」話をすると、

「あ… でもoriduruブランドが…( ´д`; )」と、心配されてしまいました。

ですよね。 せっかくカバーにロゴを印刷したのにね…

 

 

でも、このシールを初めてギフトショーで目にしたときに、

「このシールを使うと、もしかして、オリジナルをすごく楽しめるんじゃない?? (✪▽✪)」

とワクワクした自分を思い出すと、

やっぱり人にも勧めたいな~という気持ちに、どうしてもなってしまいます。

 

 

あと、実はわたしは、

ブランドロゴの付いている商品って、あんまり好きじゃないんです、元々 ( ̄‐ ̄) …

 

 

ある商品を、機能あるいはデザインあるいは色が気に入って、買うとして、

自分は、その商品に付いているロゴには何の思い入れも無く、別にロゴを気に入って買ったわけでもないのに、

なんで、こんなにデカいロゴの入れられた商品を、我慢して身に着けなきゃいけないの?

と日頃から思っている、ちょっとメンドクサイ人なわけです。

 

 

気に入らないロゴだと、使う前にタグを切り取ったり、外せるものなら外してしまうくらいに、私は、「ロゴの押し付け」が好きじゃないです(_ _)

 

 

気に入るロゴの入っている商品だってありますよ。

可愛い♪ と思って、ウキウキで身に着けるものだって、なかにはあります。

あと、たいがい大手メーカーのロゴなんかは、すんなりきます。

 

 

でも、それでも、異なるメーカーの商品を合わせ持とうとしたときに、ロゴとロゴとがバチバチにぶつかり合うというか、うるさい印象になってしまうのは、苦手です…

これは、そのロゴの好き嫌いに関わらず。

 

 

あ…

こんど発売する商品には、つい大きめにoriduruのロゴをに入れてしまいました。

さんざん人のロゴに文句をつけておいて… でも、自分のこととなると(^_^;)

私自身は、自分が気にいって入れたロゴなので、これはこれで良いのですが、

私みたいなロゴ嫌悪気味な人の心情は、やはり案じてしまいます…

(気になる場合は、裏返して使ってくださいっ☆)

oriduruのロゴ、「よいアクセントになってるヨ」とプラスに捉えて使ってもらえたら、嬉しい限りですが。

 

 

私が気になるのは、ブランドロゴよりも、むしろ特許の方。

特許に関わる考え方は、ロゴとは打って変わり、だいぶシビアです。

たくさんの時間を割き、リスクを背負って、ここまでやってきているからです。

自分の特許については、しっかり守っていきたいですが、

ロゴについては、そこまでいいのかなぁというのが、今のところの私の考え方です。

今後、なにか支障がありそうなら、考え方を変えるかもしれませんが…

(ちなみに、oriduruロゴ、商標登録はしてあります。)

 

 

ちょっと話がズレてしまいましたが、

ピタリンシール、個人的に面白いシールだと思ったので、ご紹介させていただきました!

 

 

服・靴・カバン・帽子・傘・マスク・コップ・お弁当箱・アウトドア用品・マリンスポーツ用品・お風呂・プールなど、

これまでシールを貼れなかったものや、水が関係する場所へも貼ることができるらしいので、

わたしも、あちこちに貼りつけて、楽しんでみようと思います ♪

以上です。

 

 

ぴたりんロゴ

 

 

 

 

 

ハンカチホルダー[oriduru]200個作ります!

43PV

ハンカチホルダー[oriduru]

ここ最近、ハンカチホルダーoriduruの生産について、

いくつかの加工会社さんと話を詰めていたのですが、なかなか決めきれず…

 

 

しかし、やっと決まりまして、

先週は、生産を依頼するハンカチホルダーの「カバー」について、

生地や印刷カラーの選定、データ入稿など、依頼するにあたって必要なアレコレを行っていました。

 

 

今週あたまに発注を終えたので、

あとは、カバーの出来あがりを、しばし楽しみに待ちます!

 

 

カバーの生地は、塩化ビニール(PVC)ですが、うっすらと上品なシボが入っており、

革とまではいきませんが、高級感があって、なかなか良いです。

塩化ビニールだと、水に強いので、ウェットティッシュなどで汚れを気軽に拭き取っていただけるメリットがあります。

その点は、革よりも、むしろ優れた点です。

 

 

 

ハンカチホルダー生地

 

 

 

 

依頼したカバーが納品されるまでの間は、ただ待つだけでなく、構成パーツや梱包材の調達などもせねばなりません。

今回、半製品で納品されるので、(生産を依頼したのは、カバーのみ)

カバーが出来あがってきたら、カバーと構成パーツとを組み立て、ハンカチホルダーに仕上げる必要があります。

その作業は、私が自分でやります☆

 

 

今回作るハンカチホルダーoriduruは、

お客様に、男性用・女性用のどちらかを、選んでいただけるようにします。

男性用と女性用とでは、構成パーツの一部(チェーンとクリップ)を変えます。

カバーそのものは、男女共通で使えるようにと無難なデザインにしましたが、

構成パーツは、男性用には男性らしいものを、女性用には女性らしいものを、使いたいと考えています。

とはいえ、基本的にはシンプルなものです。

シンプルなものが一番、取り入れていただきやすいかなと思うからです。

 

 

 

ハンカチホルダーカバーデザイン
カバーデザイン

 

 

 

構成パーツのうち、選べる金属パーツ(カラビナ・チェーン・カシメ)のカラーは、金・銀の2色展開。

着ける金属のカラーで、はたから見たときの印象は、結構変わりますよね。

着ける金属のカラーで、自分自身の気分だってチョット変わるんじゃないでしょうか?

だから、金・銀の2色展開です。

 

 

カバーのカラーは、黒・白の2色展開。

各100個ずつ作ってみることにしました。

 

 

 

 

ハンカチホルダー生地選定
生地やロゴの印刷カラーの選定

 

 

 

 

合計200個という数は、私からするとだいぶ多いので、

販路を開拓したり、広告を打ったり、努力や工夫が必要かなと思っています。

 

 

発売の時期は、まだ未定ですが、決まりしだいブログでお知らせします(^-^)/

カバーは、10月半ば頃に出来あがると聞いていますので、まずはそれが納品されてから、

カバーと構成パーツとを組み立てたり、広告を準備をしたり、ネットショップに画像をあげたり… etc

発売時期は、それら次第になりますかね。

 

 

とりあえず、久々になりますが、支援センターに相談しにいってきます☆

一人で決断すると間違えることもあるので、たまに、こうした相談機関を利用させていただいています。

相談すると、いつも何かしらの気付きがあり、自分の頭のなかが整理されます。

いつも同じアドバイザーさんにお願いしています。

良きアドバイザーさんと出会えて、よかったです(^-^)

 

 

 

ページの先頭へ