今回は、ハンカチホルダーoriduruのカバーを、PVCのランチマット(ランチョンマット・テーブルマット)で作ってみます。

 

 

これは、比較的簡単にできますし、材料(ランチマット)は100円ショップでも手に入るので、お勧めの方法です。PVCやEVAのランチマットは、汚れをウェットティッシュでスルッと拭きとれるので、ハンカチホルダーのカバーとするには適していると思います。

 

 

googleで「ランチマット」で検索をかけても色々出てきますが、まずは100円ショップを覗いてもらいたいです。

シンプルで、男性用として使えそうなものも置いてありましたよ(^-^)

 

 

100円ショップのランチマットは、樹脂製ハンカチホルダーoriduruの試作段階で、何枚か買いました。

素材の選定で、100円ショップで、候補になりそうなシート類を集めて比較をしたのです。

 

 

今回は、試作用に買ってあったレース模様のランチマット、で作ってみます。

見た感じ、対称柄で3枚分取れそうなので、一枚のランチマットから3枚、カバーを作ることができそうです。

 

 

 

ランチョンマット

 

 

 

① マットを3等分にカットします。

 

 

カットは、ペーパーカッターでカットすれば一発です!

100円ショップのペーパーカッター(600円)が便利で、普段から紙を切るのに愛用しています。

わたし、100円ショップが好き過ぎですね  ()イヤー

 

 

「このペーパーカッターでランチマットもいけるか!?」、試すまでは分からなかったのですが、今回ためしてみたらスパッと切れたので、これはカッターで切るよりも速いし出来もキレイだなと思いました☆

もちろん、無ければカッターでも大丈夫です。

 

 

100円ショップの600円ペーパーカッター
100円ショップの600円ペーパーカッター

 

 

 

カットしたランチマットの、カバーに使う部分です。

今回は、レース柄ありきで、レースの幅に従ってマットをカットしましたが、

測ってみると、15×30cmでした。 まぁ、ちょうど良いかと思います☆

 

 

 

ランチョンマット

 

 

 

② このままでは角が尖っていてチクチクするので、角を丸くしていきます。

 

 

このとき、ハサミで丸くしようとすると、どうしても手作り感が出てしまい、なんとなく格好がつきません。

そこで便利なのは、角を丸くする文具です。

私が愛用しているのは、「かどまるPRO NEO」 です。

コーナーを3mm、5mm、8mm の中から選んで角丸カットできる便利グッズです。

まず最初に、これを使って角を丸くしようとしたのですが…

 

 

上手くいかなかったんです(_ _)

「あれ? なんで?」と、切れ端を使ってテストしていくうちに分かったのが、カバーの角が、レースのせいでクネッと波打っていて、90度角じゃなかったからでした。

ちゃんと刃に角が届いていなかったので、「かどまる」 のレバーを押しても、むなしくスカスカした感覚だったのです( ^^;)

 

 

 

ランチョンマットの角

 

 

 

ちなみに、角を90度角にしてから「かどまる」を試すと、サクッときれいに角丸にしてくれました。

できるじゃーん。

下は、8mmで角丸カットしたものです。

 

 

 

ランチョンマットの角

 

 

 

ということで、90度角なら「かどまる」で角丸カットできるということが分かったところですが…

 

 

今回は、上部にあるレースのふりふりを生かしたかったので、ここは、ハサミで角を丸くすることにしました !

レース柄は、ハサミで切ったときに少しズレたりしても、わりと誤魔化しがききます (*^^*)

 

 

 

ランチョンマットの角を切る

 

 

 

③ 底部に折り目を付けます。

 

 

当店で販売しているoriduruのオリジナルカバーはソフトタイプのPVCですが、

ランチマットの殆どはハードタイプのPVCで、半分にした時に底部がボワンと膨らむので、折り目を付けた方がスッキリとします。

「折り目を付けたくない」方は、この工程をスキップします。

 

 

 

ランチョンマット作るカバー

 

 

 

④ カシメを通す穴の位置を決め、水性マジックでポチッと印を付けます。上から7mm付近が良いかと思います。

⑤ マスキングテープでペラペラしている箇所を固定して2枚がズレないようにし、印位置にパンチで穴を開けます。

 

 

 

ランチマットでハンカチホルダー

 

 

 

私は、穴は、家にあった3mm穴パンチで開けました。

穴の大きさについては、カシメ凸を通す側は3mm穴で通りますが、カシメ凹をとおす側は3mm穴で通らないので、穴を少し(1mmくらい)、目打ちで広げました。

 

 

丁度よいパンチが無ければ、キリで開けるのがよいかと思います。

キリで開けた穴も、3mmサイズくらいまでしか開かないようであれば、最終的には目打ちに換えて、穴を4mmくらいまで広げてください。

いきなり目打ちで開けようとすると、布ではないので、滑って穴がズレてしまう可能性があります。

 

 

 

目打ち
目打ち

 

 

 

開けた穴にカシメを通し、カシメのネジをしっかりと閉めます。
このとき強く締めないと、徐々にネジが緩んでカシメがはずれ、パーツだけでなく、カバーや大切なハンカチなども落としてしまう恐れがあります。
よって、カシメを閉じる際には、接着剤をネジ内部に垂らした上で、コインやマイナスドライバーを使ってしっかりとネジを閉めてください。
(接着剤は、パーツに付属します。)

⑦ カラビナやクリップなどのパーツも装着します。

 

 

出来あがりです ♪

 

 

 

ランチョンマットでハンカチホルダー

 

 

ランチョンマットでハンカチホルダー
横から

 

 

 

思っていた以上に、可愛くできました ♪

パーツのカラーは、ゴールドでも良かったなと思いました。

レース + ゴールドの組み合わせって、個人的に好き♡♡

 

 

oriduruの試作段階でランチマットを買ったと書きましたが、

はやくから、ハードタイプではなくソフトタイプのPVCを探し始めたので、ランチマットをハンカチホルダーとして完成させたことは、実際には無かったんです。

 

 

けれど、実際にランチマットで作ってみると、

比較的簡単ですし、カシメを閉じて金属パーツを取り付けたとたんにグレードアップして見えて、凄くいい!と思いました。

( 自画自賛気味で、さっきからすみません(><) )

 

 

ぜひ、おうちでも自作してもらいたいです☆

 

 

ハンカチホルダーoriduruのカバー自作に関わる「カバーのサイズ・孔の開け方」などについて、手引き(PDFファイル形式)にまとめました。

無料(0円)でダウンロードできるようにしてありますので、必要でしたらご覧ください(^-^)

SHOP-ANINに、パーツと一緒に置いてあります。(URLは下方にあります)

 

 

 

oriduruカバー自作用_手引き
oriduruカバー自作用_手引き

 

 

 

 

自作したカバーは、oriduruのパーツと組み合わせてお使いいただけましたらと思います。

oriduruは特許出願しているもので、権利放棄はしていませんので、ハンカチホルダーoriduruのカバーを自作する際、パーツだけは必ず当店で購入してください。

 お願いします( ̄人 ̄)

自作したカバーの販売につきましては、二次加工販売にあたり管理の仕方が難しいので、NGとさせてください。
自作したカバーのお写真や感想を、こちらへお寄せいただけますと、とても嬉しいです!

 

 

ランチマットでの自作は、oriduruのパーツと合わせても、1,000円前後で作れるかと思います。

シングルタイプ用パーツが 800~900円。ダブルタイプ用パーツが 1,000~1,100円 です。 わかりやすい使用説明書も、パーツ一個につき一枚付属します☆

 

 

<パーツ購入は、こちらから> ↓
https://shop-anin.stores.jp/?category_id=5fef36b9df51596e7d3cbc76

 

 

また、販売はNGでもプレゼント用にはOKなので、よかったら近しい人へ作ってあげてください。

マスクケースとしても使えるので、きっと喜ばれると思います(^-^)/

 

 

 

 

 この記事が気に入ったら、いいね!しよう
(最新記事が届きます)