「裏技」タグの記事一覧

ちょい掛けできる☆[oriduru]

53PV

ハンカチホルダー[oriduru]

バンドクリップって、「ちょい掛け」できるんです。

ご存じでしたか??

 

 

 

バンドクリップ

 

 

 

 

バンドクリップは、バッグなどのフチに噛ませて挟むのが一般的な使い方ではありますが、

「濡れたハンカチ、乾かしたいな~」というモヤモヤした場面で、どこかに適したスペースがあれば、

バンドクリップをバッグから外して、ちょい掛けを試してみてください ♪

 

 

< ちょい掛けの仕方 >

バンドクリップ正面のフタ状部分をパカッと持ち上げることで、挟む部分を開きます。

開いた部分を、お好きな場所に引っ掛けます。

クリップは、開いたフタ状部分をパチンと下げることで閉じることができますが、ちょい掛け中は、開けっ放しが基本です。

 

 

 

おりづる_ちょい掛け
バンドクリップ

 

 

 

たとえば、移動の際はいつも、バッグの内側にハンカチホルダーを付けていたとして、でもオフィスに着いたら、バッグの外側に「ちょい掛け」。

これだけでも、濡れたハンカチの乾き方は全然違います。

※ バッグの外側にちょい掛けしたのをすっかり忘れると、移動中にハンカチホルダーが落下しますから、その点は、お気を付けください。

 

 

ちょい掛けできるのは、厚さが8mmくらいまで。つまり、開いたバンドクリップの隙間に挟まるくらいまでです。

机上のブックエンドのフチとか、デスクの引き出しの取っ手とか  etc…

どこか、さりげなく掛けられる場所を見つけられるとよいですネ。

 

 

 

 

ハンカチホルダーちょい掛け
4mm厚くらいの箱に掛けてみました。

 

 

ハンカチホルダーちょい掛け
ちょい掛け部分拡大。バンドクリップは、上からかませるので、下方向へ掛かる力に強いです☆

 

 

 

バンドクリップは、線やコード類にも噛ませることができます。

これは、たしか100円ショップで購入したものなのですが、両足部分にだけマグネットが入った、コの字型線状ものです。

スチール壁につけてみました。↓

こうした線状のものにも掛けられるので、工夫次第で、どこにでもチョイ掛けできるのかもしれません。

 

 

 

ハンカチホルダーちょい掛け

 

 

 

お試しください(^-^)

 

 

 

オリジナルを存分に楽しめるシール!

206PV

ハンカチホルダー[oriduru]

さて、前回の記事でふれたシール の件です。

「ピタリン」というシールです。

 

 

このシールを5枚、入手してみました!

 

 

 

マイぴたりん

 

 

 

 

ピタリンのネットショップから購入しました。

ショップでは、送料が無料になるラインが設定されているので、今回は、そのラインをチョットだけ超える予算で(主婦の買い物感… )、選んでみました 。

 

 

【ピタリン ネットショップ】←こちら
https://pitarin.jp/collections

 

 

 

選ぶところから、まず楽しい ♪

デザインテイストが、偏ることなく色々そろっているのがイイ。

これなら、誰しもが、どれかしらのテイストにハマりそう(^-^)

 

 

 

ぴたりんネットショップ
ピタリン ネットショップ

 

 

 

下に特徴をあげて、このシールをご紹介します。

 

 

 

[PITARIN(ピタリン)シール]

布・不織布・木材・プラスチック・金属・ガラスなど、様々な「固体」にピタッと密着。

剥がそうとしなければなかなか剥がれず、

剥がそうとすれば簡単に剥がれて、はがした後もベタベタしません。

耐水性の高いオレフィン素材と特殊な糊を使っているので、水(お湯)の中でもはがれません。

耐熱性も優れているので、電子レンジや食洗機にもかけられます。

 

 

 

このシールを使うと、

身の回りの様々なものを、簡単にオリジナル製品に変えることができるのだそう。

 

 

そこで!

今回は、入手したこのピタリンシールを、ハンカチホルダーoriduruに貼っていきます☆

 

 

そして、イキナリ登場する、ハンカチホルダーoriduruの完成品 (* ⊙‿⊙ *)

(やっと形になりました~☆)

しかし、これについて説明しだすと話がブレてしまうので、今回はあまり触れずに…

シールの話を淡々と(笑)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
ロゴの面を表側に

 

 

 

これの↑ ネジ式カシメを外し、カバーを裏返してから再びカシメで閉じます。

そうすると、下のような、無地のハンカチホルダーになります。↓

つまり、カバーを裏返して、カバーの裏側を表側として使っていただけるんです☆

 

 

※ 2021/02~、カシメを接着することにしました。(脱落のリスクをおさえる為)
  よって、カシメが固く閉じています。ただし、力を加えれば外れる接着剤を使っていますので、力を加えて試してみてください。
次の発注からは、裏返しにしなくても無地を楽しめるように、反対側の面を無地にしてカバーを作ってみようかな… と思っているところです(^-^)

 

 

 

ハンカチホルダーoriduru
無地の面を表側に

 

 

 

さて、この無地の面に、ピタリンシールをおもむろに貼っていきます… と!

真ん中に貼るの、ムズカシ~(><)

真っすぐ貼るの、ムズカシ~(><)

 

 

あまり細かいコトは気にしないよっていう方には、思い切った貼り方もアリかもしれません…

が、うまく貼ろうとするなら、多分、一発じゃ無理(T_T)

シールを舐めてた。うまく貼るの難しい…

 

 

うまく貼れなかったのを剥がそうとすると、ノリ残り無くキレイに剥がせるは剥がせるのですが、

つい2度3度と貼り直しをゴニョゴニョやっていると、シールが部分的にベロンと伸びてしまい、シール自体が駄目になってしまいます。ご注意(><)

 

 

これは、商品の説明欄にも書いてあるのですが、

「はがす際は変形したり接着力が低下するため、貼り直しはできません。」とあります。

気を付けましょう。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

表面は、イマイチな仕上がりになってしまいました。 ↑

でも、いい案を思いつきましたよ(^-^)

裏面は、その「いい案」のお陰でキレイに貼ることができたので、よかったら、下のとおり試してしてみてください ♪

 

 


まず、シールをハサミで個別に切り離します。
(1枚のシートに2~3個くらい付いている場合)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


シールの裏紙を、一気に剥がしてしまうのではなく、先に四隅の裏紙だけを、三角状に切り落とします。
真ん中付近の裏紙は残したままにしておきます。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

たぶん、下の画像のように、裏紙の部分がちょっとシールからハミ出るように残してあると、この後の作業がやりやすいんじゃないかと。
※ 下の画像、分かりやすいように、シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
シールの裏紙を黄色に着色(画像処理)してあります。

 

 

 


貼りたい面の上に、軽くシールを置いて、貼る位置を決めます。
➁で三角状に切り落とした部分が小さく、裏紙を多く残してあるほど、位置決めのための貼り直しが何度もききます。
(シールの接着面積が小さく済むことから。)

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 


貼りたい位置が決まったら、真ん中付近に残してある裏紙をそっと剥がして、シール全体を面に押し付け、しっかりと貼ります。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

 

 

この方法で、裏面は、きれいにシールを貼ることができました(^-^)

 

 

そして、次に、

女子向け可愛い系のシールを、白のハンカチホルダーoriduruに貼ってみました。

いかがでしょう? なかなか、お気に入りです。

 

 

 

ぴたりん+ハンカチホルダー

 

ぴたりん+ハンカチホルダー
後ろ

 

 

 

けれど、

ロゴの入っている面を裏返しにしてシールをペタペタ貼るというこの行為…

ブランド戦略としてどうなの?というのは、大いにあると思います。

 

 

先日、支援センターのいつものアドバイザーさんに、得意げになって「ハンカチホルダーの裏面にシールを貼る」話をすると、

「あ… でもoriduruブランドが…( ´д`; )」と、心配されてしまいました。

ですよね。 せっかくカバーにロゴを印刷したのにね…

 

 

でも、このシールを初めてギフトショーで目にしたときに、

「このシールを使うと、もしかして、オリジナルをすごく楽しめるんじゃない?? (✪▽✪)」

とワクワクした自分を思い出すと、

やっぱり人にも勧めたいな~という気持ちに、どうしてもなってしまいます。

 

 

あと、実はわたしは、

ブランドロゴの付いている商品って、あんまり好きじゃないんです、元々 ( ̄‐ ̄) …

 

 

ある商品を、機能あるいはデザインあるいは色が気に入って、買うとして、

自分は、その商品に付いているロゴには何の思い入れも無く、別にロゴを気に入って買ったわけでもないのに、

なんで、こんなにデカいロゴの入れられた商品を、我慢して身に着けなきゃいけないの?

と日頃から思っている、ちょっとメンドクサイ人なわけです。

 

 

気に入らないロゴだと、使う前にタグを切り取ったり、外せるものなら外してしまうくらいに、私は、「ロゴの押し付け」が好きじゃないです(_ _)

 

 

気に入るロゴの入っている商品だってありますよ。

可愛い♪ と思って、ウキウキで身に着けるものだって、なかにはあります。

あと、たいがい大手メーカーのロゴなんかは、すんなりきます。

 

 

でも、それでも、異なるメーカーの商品を合わせ持とうとしたときに、ロゴとロゴとがバチバチにぶつかり合うというか、うるさい印象になってしまうのは、苦手です…

これは、そのロゴの好き嫌いに関わらず。

 

 

あ…

こんど発売する商品には、つい大きめにoriduruのロゴをに入れてしまいました。

さんざん人のロゴに文句をつけておいて… でも、自分のこととなると(^_^;)

私自身は、自分が気にいって入れたロゴなので、これはこれで良いのですが、

私みたいなロゴ嫌悪気味な人の心情は、やはり案じてしまいます…

(気になる場合は、裏返して使ってくださいっ☆)

oriduruのロゴ、「よいアクセントになってるヨ」とプラスに捉えて使ってもらえたら、嬉しい限りですが。

 

 

私が気になるのは、ブランドロゴよりも、むしろ特許の方。

特許に関わる考え方は、ロゴとは打って変わり、だいぶシビアです。

たくさんの時間を割き、リスクを背負って、ここまでやってきているからです。

自分の特許については、しっかり守っていきたいですが、

ロゴについては、そこまでいいのかなぁというのが、今のところの私の考え方です。

今後、なにか支障がありそうなら、考え方を変えるかもしれませんが…

(ちなみに、oriduruロゴ、商標登録はしてあります。)

 

 

ちょっと話がズレてしまいましたが、

ピタリンシール、個人的に面白いシールだと思ったので、ご紹介させていただきました!

 

 

服・靴・カバン・帽子・傘・マスク・コップ・お弁当箱・アウトドア用品・マリンスポーツ用品・お風呂・プールなど、

これまでシールを貼れなかったものや、水が関係する場所へも貼ることができるらしいので、

わたしも、あちこちに貼りつけて、楽しんでみようと思います ♪

以上です。

 

 

ぴたりんロゴ

 

 

 

 

 

【試作】できるかな…?ハンカチとマスクの一緒持ち

334PV

ハンカチホルダー[oriduru]

昨日は、樹脂製「ハンカチホルダーoriduru」の試作品作りをしました。

 

 

先月は、なかなか手を動かす時間を作れなかったので…

頭の中で、ハンカチホルダーをどんなカタチにしようか想像を膨らませながら、

なにかアイディアが浮かぶと、とりあえず忘れないようにメモをとりつつ過ごしていました。

 

 

が、昨日、突如「やってみよう!」と思い立ち、突如、試作品作りლ(゚д゚ლ)

 

 

頭の中だけの想像って、溜めこみすぎると、あるところから進められなくなりません?

「行き止まり」みたいな。

できるかどうか不確実なことの上に、さらにできるかどうか不確実なことを積み上げるような想像は、難しいし、意味がない。

だから、ある程度想像が進んだら、手を動かしてそれをやってみないと、次の段階の想像へと進めないわけで…

だから、突如、試作品作り! 早く次のステップに進みたい☆

 

 

コロナウイルスの影響で、衛生面から、街なかのハンドドライヤー(エアータオル)が軒並み使用停止になっています。

洗った手を、そこらでブンブン振って手を乾かすわけにはいきませんから、人目を気にしてのハンカチの保持率は、以前より上がった可能性があります。

 

 

 

ハンドドライヤー

 

 

 

また、各々の手洗い頻度が増していて、それに伴い、保持しているハンカチのビショビショ率(言い方ヘンだけれど、多分伝わりやすい(^^;))

も、以前より上がった可能性があります。

 

 

加えて、ecoの風潮も、昨今高まってきています。

ペーパータオルも、非常に便利ではありますが…

やはり、洗って繰り返し使えるハンカチを持っている人の方が、多少なりとも印象が良いですよね。

 

 

そこで、このご時世に、

当店の「ハンカチホルダーoriduru」をお勧めしたい!(まだ試作だけど…)

 

 

試作は、PVCシートをカットして作りました。

今のところ、カバーの材質はPVCが良いかなと思っています。

布と違って、汚れを拭き取れたり洗い流せたりできるのが良い。

衛生用品なので、手入れはしやすい方が良い。

試作は無色透明のPVCで作りましたが、商品化するときは、色が付いていた方がいいかな。

 

 

「ハンカチホルダーoriduru」は両ワキが開いた構造なので、

袋状のハンカチ入れと比較して、もともと通気性は良いのですが、

今度の「ハンカチホルダーoriduru」は、これまでより上部のスキマを大きくします!

なので、新しい「ハンカチホルダーoriduru」は、より通気性がアップした、中に収納したハンカチが乾きやすいホルダーということになります。

 

 

上部のスキマを大きくするのは、ネジ式カシメという、足の長いカシメで上端を閉じることによって実現させます。

例えば、足の長さ2cmのカシメで上部を締めれば、上部に2cmのスキマを設けることができるわけです。便利なパーツですね!

このパーツを、今回は使う予定でいます。

 

 

 

ネジ式カシメ

 

ハンカチホルダーoriduru
この画像では、ピンクのカラビナを付けてあります。

 

 

 

また、今度のハンカチホルダーoriduruは、中にクリップを2つ付けてあります。

これは、ハンカチの両端をクリップで留める、[ハンカチ+マスク]両方持ち、などの用途を想定してのことです。

 

 

クリップは、上の画像のように、カラビナを間に挟んで前後に取り付けてあるため、挟んだハンカチやマスクが、重なることなくスッキリと収まります。↑

 

 

下記で、2つ付いているクリップの使い方について、ご紹介していきます。

 

 

 

樹脂製ハンカチホルダー試作
角丸にカットした時のイメージ確認のため、向かって左側の角だけ、角丸にカットしてあります。

 

 

 

まず一つ目として、こういったクリップの使い方があります。↓

 

 

下の画像では、2個付いているクリップの両方で、ハンカチの両端を挟んでいます。

 

 

これまでの当店の「ハンカチホルダーoriduru」では、クリップが1個しか付いていなかったので、

二つ折りにしたハンカチを内部に収納すると、ハンカチの下の方がホルダーの底にまでダランと垂れて接してしまっていました。

 

 

画像のように2個のクリップを使ってハンカチの両端を吊ると… 見てください。

ハンカチが、ハンカチホルダーのなかで浮いています!((゚Д゚ ))

ハンカチの下の方がダランと垂れているよりも、こちらの方が、

持ち歩く時に安定感があり、見た目が美しく、下からの通気性も確保できるのでハンカチがより乾きやすくなるのではないでしょうか?

 

 

 

樹脂製ハンカチホルダー試作

 

樹脂製ハンカチホルダー試作

 

 

 

2個付いているクリップのそれぞれに、別々のハンカチを挟むという使い方もあります ♪

[ 手拭き用と汗拭き用 ]2枚のハンカチを持ち歩く方は、結構いらっしゃるようです。

たしかに… 水でビショビショになるのと汗でビショビショになるのとでは、なんとなく違いますよね…

分けたい気持ちも解かります☆

 

 

 

汗拭きハンカチ

 

 

 

さて、

次のクリップの使い方は、マスクとハンカチの一緒持ちです。

 

 

マスクって、一日中つけていると、外したいタイミングが何度かありますよね。

食事のときだったり、オフィスで一人になるときだったり。

そんな時には、マスクの一時置きができる場所が欲しいものです。

 

 

最近では、「マスクケース」なるものが、ネット上のあちこちで売り買いされています。

でも、マスクを外している時間って、たいていは短時間ですよね。

もし外している時間が長時間だったら、新しいマスクに変えちゃう人の方が多いのではないでしょうか?

(または、UV照射系など本格的な除菌ケースにしまうとか?)

 

 

ハンカチはしまっている時間の方が長いけれど、マスクはしまっている時間の方が短いように思います。

同じ衛生用品だけれど、そのへんは真逆。

マスクの収納は、まさに仮置き。

だからこそ、ハンカチの収納スペースにマスクも一緒にしまえたら、便利かなと思うんです。

 

 

ということで、

これが、二つ目のクリップの使い方。↓

 

 

他社さんのマスクケースと、見た目が似ていると思われるかもしれませんが、

 

・ マスクのヒモが外に飛び出さない状態で、ヒモまですっぽり、中に収納できます。

・ マスクの内側がマスクケース内のどこにも触れない状態で、収納できます。

・ スナップで都度開閉するタイプではありません。スナップを使っていないぶん、壊れにくい作りです。

・ カシメの足の長さぶん、中に「すき間」が確保されており、立体マスクも、ふんわりとしまえます。

・ 確保された「すき間」により、マスクとマスクケースとがベッタリと接しません。マスクを乾かしながら保管するのに適しています。

 

これが、他社さんのマスクケースとの相違点かと思います。

 

 

 

樹脂製ハンカチホルダー試作

 

マスクとハンカチ同時持ちホルダー

 

マスクとハンカチの同時持ちホルダー

 

 

 

※ 「マスクの外側の面は、結構汚れている」という話を、耳にしました。
  そうか。ぜんぜん気にしたこと無かった(@_@)!
  あえて記事を書き直したりはしませんが、
  気になる方は、マスクをクリアファイルを切ったものや紙ナフキンに挟んでからしまうようにする等、
  マスクがハンカチと直接触れないような工夫をしてみてください。
  ストラップの付いていないシンプルなマスクケースなら、マスクケースごと中にしまえます。

 

 

最後に、オマケ的に、便利な使い方をご紹介します(^-^)

二つあるクリップのうち一つに「ウイルス除去除菌ストラップ」の本体を挟む、というものです。↓

 

 

すると、なんと、ハンカチホルダー内部が立派な除菌空間になっちゃいます☆

二つあるクリップのうち、もう一つには、ハンカチなりマスクなりをぶら下げます。

衛生的にハンカチやマスクを保管でき、安心ですね~。

 

 

 

ウイルス除去ハンカチホルダー

 

ウイルス除去ハンカチホルダー

 

 

 

※ 当店では、特定のウイルス除去除菌ストラップをお勧めするわけではありません。
  今回は、ブログ映えするものを選びました (ღ✪v✪)
  各メーカーの製品説明書に従って、自己責任でお試しください。
  上の画像では、ウイルス除去除菌本体を、薬剤が出る(小さな穴が開いている)側が
  ハンカチと接しないような向きにして取り付けています。

 

 

付いているクリップは2個だけど、

ハンカチ マスク ウイルス除去除菌ストラップ も全部、中にしまいたいんだよね…(><)

という方へ。

ウイルス除去除菌ストラップは、ヒモの部分をカラビナに引っ掛けてしまってください。

(ネックストラップなど、長めのストラップが付いている場合は、短めのヒモや小さな環に付け替えてください。)

そうすると、空いた2個のクリップに、ハンカチやマスクを挟むことができます。

 

 

ちなみに、

ハンカチも、ヒモが付いていれば、ヒモの部分をカラビナに引っ掛けてしまえます。

マスクも、ヒモの部分をカラビナに引っ掛けてしまえます。(2本とも掛けるとモタつくので、どちらか1本だけを掛けてください。)

 

 

裏技(^-^)v

クリップが混み合って奪い合いになる場面で、お試しください ♪

 

 

 

ハンカチ+マスク+除菌空間
マスクのヒモをカラビナに通す

 

ハンカチ+マスク+除菌空間
サンドウィッチみたい? ハム&チーズ!

 

 

 

あとは、ポケットティッシュを挟むという使い方もありかもしれません。

 

 

 

ポケットティッシュ

 

ポケットティッシュケース

 

 

 

そうそう、今回のハンカチホルダーoriduruは、

カラビナとクリップとが完全に分離した作りなので、付いているカラビナを外してお手持ちのストラップやチェーンに交換する、といったことを簡単かつ自由にしていただけますよ。

ハンカチホルダーを首から下げてみても ♪

 

 

 

ネックストラップ
ネックストラップの一例

 

 

 

今回の記事は、樹脂製「ハンカチホルダーoriduru」の試作品紹介でした。

とりあえず頭の中の想像にあった、ネジ式カシメの使用やクリップの2個付け、

が上手くいきそうだったので、記事にしてみました。

 

 

これから加工会社さんと話を詰めていき(なかなか進まん!)、商品化を目指したいです。

がんばります (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

 

 

ページの先頭へ