「3Dプリンター」タグの記事一覧

【試作】ハンカチホルダーpomme_stickと、3Dプリンター裏話

81PV

ハンカチホルダー[pomme-stick]

先日、「ハンカチホルダーoriduru」の試作状況をご紹介したので、

今日は、「ハンカチホルダーpomme_stick」の試作状況をご紹介していこうと思います(^-^)

 

 

ボトル状の容器を切り開いて、「ハンカチホルダーpomme_stick」の最初の試作品を作ったのは、2019年春のこと。

 

 

試作品を作る時はいつも、身近にある材料を切り貼りして作ります。

だから、うちには、捨てるバッグなどから外してとっておいたパーツや、100円ショップで購入しておいた「何かに使えそうなパーツ」などが、いつもストックしてあります。

もちろん必要なものが無ければ、100円ショップやホームセンターなどへ買いにいきます。

 

 

そうして頭の中にあるものをとりあえず形にしてみて、それが期待通りの効果を発揮するかどうかをチェックします。

 

 

最初に作った「ハンカチホルダーpomme_stick」の試作品は、コレ。↓

 

 

調味料ボトルの上下を切り落として、縦に切れ目を入れました。

そして、上の開口部付近に孔を開けて、そこにカラビナを通したものです。

カラビナには、ハンカチを挟む用のクリップが通してあります。

 

 

このクリップに、ハンカチではなくマスクを挟んで、マスクケースとして使うこともできます。

 

マスクケース

 

 

ハンカチホルダー試作品
横から

 

ハンカチホルダー試作品
上から

 

ハンカチホルダー試作品
下から

 

ハンカチホルダー試作
カラビナをつたわせて、ハンカチをスルッと外へ引き出せる

 

ハンカチホルダー試作品

 

 

このハンカチホルダーは、カバーを切れ目から手で水平方向に広げた状態から手を離すと、自然にクルッと巻き付いてカバーが元の筒状に戻ります。

 

 

100円ショップで購入した、シャンプーボトルなどでも、

同じように上下を切り落として縦に切れ目を入れるとどうなるか、試してみましたが、

クルッと上手く巻き付くものと巻き付かないものとがあることが分かりました。

 

 

べつに、上手く巻き付かなかったとしても、

スナップやボタンなどで切れ目付近を留められるようにしてあれば、問題はないのですが、

私は、このクルッと巻き付くものにビビッときました。

だって、楽じゃないですか、ハンカチの出し入れが。

スナップが付いていないということは、片手でもカバーの開閉ができちゃうわけですよ。

スナップ無しでいけるならば、その方が、使用者の手間を減らすことができるかなと思いました。

 

 

上では、カラビナを、開孔とクリップに通しました。↑

 

 

今度は、ネックストラップのナスカンを、開孔とクリップに通してみます。

こんな感じ。↓

首から下げて使えます♪

 

 

ネックストラップは、いざという時に外れる「安全パーツ付き」のものが安心。

園児など小さな子には、身体に斜め掛けさせた方が、より安心かもしれません。

 

 

幼児はまだハンカチを上手く扱えないので、床に落としてしまうこともありますよね…

ハンカチがクリップに付いた状態のまま身体の前で手を拭けちゃう、この方法、

なかなか良いのではないでしょうか??

 

 

 

ネックストラップ_ハンカチ入れ
横から

 

ネックストラップ_ハンカチ入れ
斜め上から

 

ネックストラップ_ハンカチ入れ
ナスカンをつたわせて、ハンカチをスルッと外へ引き出せる

 

 

 

私は、この「自然にクルッと巻き付いてカバーが元の筒状に戻る」タイプのハンカチホルダーを完成させようと、最初の試作品を作った2019年春頃~、計画を立てて動き始めました。

 

 

試作するなかで、ボトルの上下を同じように切り落として縦に切れ目を入れても、

クルッと上手く巻き付くものと巻き付かないものとがあると分かったので、

巻き付き具合をあれこれ数値を変えながらテストする為に、CADの勉強をしたり3Dプリンターを購入したりしました。

100円ショップで購入した既存の材料を使うだけでは、細かなテストはできないので。

 

 

上の開口部付近に開けるに孔にしても、どの位置に開けると使いやすいのか…、2つ開けて作ってみようか…

そうした点も、3Dプリンターを使ってテストしたいなと思いました。

 

 

正直、まったくの素人が、一からCADや3Dプリンターの勉強をし、

それを使いこなして新商品を開発しようとするのは、

新たに勉強しなければならないことが多すぎるので、かなり、しんどいです(><)

学生じゃないので、そんなに勉強ばかりに時間をとれないですし。

 

 

自分が今持っているスキルだけを使って、ちまちまとミシンを使って布で作る方が、いっそのこと楽なのかな… これってどっちの方が楽なんだろう… と、弱気になり、

元のさやに収まりたい気持ちになる時も、チョットだけありました。

けれど、「長い目で見たら、絶対に布じゃない!」という信念のもと、がんばりました。

というか、がんばっているところです。

 

 

そして、2020年1月に、初めて3Dプリンターで出力したのが、コレです。↓

 

 

とりあえず筒状を作って出力した後、ハサミで縦に切れ目を入れてみました。

あんまりクルッとならないな~… なんか、カパカパしてる。

まぁ、まだ一度目だから仕方ないか…( ^^;)

これから調整しながら、仕上げていこうと思います☆

 

 

 

ハンカチホルダー試作品

 

ハンカチホルダー試作品

 

ハンカチホルダー試作品

 

 

 

っていうか、コレ、裏話を書くと、

まともに出力できるまでが失敗続きで、20回くらい代理店のサポートに電話して、20回くらい出力を試みたんですよ。

というのは、どうしても、3Dプリンターのやつがマトモに造形をしてくれなかったんです(;_;)

 

 

出力開始から10分くらいは真面目に造形してくれるんですが、

10分くらい経ってそーっと上から覗くと、ヘッドが造形をやめて宙でフラフラさぼっていたり、

フィラメントのフニャフニャのゴミみたいなのを滅茶苦茶に、本当に滅茶苦茶に、吐き散らかしていたりするんですよ(@_@)

(わかる人にはわかると思いますが、嫌がらせかッてくらいに!)

もう、「これ壊れているんじゃないの?」という… 積もり積もるイライラ感。

 

 

 

3Dプリンター失敗
ここまでしか作ってくれない(TT) ノズル詰まってるし…(TT)

 

 

 

フィラメントを交換してもらって試したり、ヘッドを工具で分解してアセトンで洗浄したり、

ヘッドを交換してもらって試したり、失敗したのを写真に撮ってサポートに送ったり、

長い説明書を隅から隅まで読んだうえで数値の設定を細かく変化させながら出力を試みたり、

設定画面のキャプチャーをサポートに送って数値をチェックしてもらったり、

ネットで「3Dプリンター」「UP300」を調べまくったり、

色々やりましたが解決せず、

 

 

結局、購入した代理店に3Dプリンターを返送して見てもらって、

それでわかった原因は、

3Dプリンターとフィラメント(樹脂)を入れてあるボックスとの間隔があきすぎ、だったみたいです。

それだけ。

 

 

使うフィラメントが新商品で、3Dプリンターの発売より後に出来たものだと、

3Dプリンター側がそのフィラメントに完全には対応していない場合があり(「対応」と書いてあったとしても)、

もしそうだと、使うのに裏技が必要だったりするんです。

裏技については、もちろん説明書のどこにも載っていない。新しいことだから。

だから、サポートに電話して、その「裏技」を教えてもらわないといけない。

マニュアル通りに一生懸命やっても、上手くいかないんですよ。攻略法を知っていないと。

ざっくり言うと、今回は、そういったことが発端となったトラブルでした。

ちなみに、使っているフィラメントはUP300の正規品で、同じ代理店から3Dプリンター(UP300)と一緒に購入したものです。

そうであっても、こんな状態…

 

 

できれば、もっと的確なサポートが欲しかった(_ _)

これだけで一カ月…

 

 

代理店のサポートも、こちらの質問に対して手探り状態で回答といった印象でした。

質問する側もサポートする側も、どっちも手探り状態という…

あれ、結構しっかりしている店で買ったはずなんだけどな…

3Dプリンターって、まだそういう位置にあるんだなーと、実感。

 

 

最近は、他のことで忙しくて、3Dプリンターは全然動かせてないです。

年内はもう、動かせないかな…

また、「ハンカチホルダーpomme_stick」の3Dプリンターでの試作が進んだら、書きますね(^-^)/

 

 

記事の後半は、ほぼ3Dプリンターに対する愚痴になってしまいました…( ^^;)

ではまた。

 

 

 

 

樹脂製のハンカチホルダーを準備します!

137PV

ハンカチホルダー[oriduru]

威勢よく「普及できる商品を作りたい☆」と言い放ってから、はや1年が経ちました…

 

 

ブログも更新せず、たまに頂く「ハンカチホルダーの入荷はいつですか?」という有難い電話やメールにも、ロクなお返事をしてこれませんでした。

 

 

布製「ハンカチホルダーoriduru」の販売を完全停止した時期に(1年半くらい前)、

ハンカチホルダーの縫製に疲れ果てていたのは確かです。

縫製で事業をやるのは、なかなか難しいものですね…

 

 

ハンカチホルダーoriduruラミネート

 

 

 

自分で縫製したものを、ミンネやクリーマなどで数百個も売りさばける、凄腕の方々もたしかにいらっしゃいます。

けれど、「自分にそれはできないな」というのは、事業をはじめた当初(2014年)から感じていました。

 

 

まず、「縫うのが好きじゃない」← 致命的 ((゚Д゚;))

それと、完璧主義なのか? 自分の至らなさでチョットでも縫い目や作りがズレてしまうと、

「もうコレ売れないっ!」とスグになってしまうので、10個作っても3個くらいしか満足するものが出来上がらず、

哀しいかな… 売れば売るほど赤字になっていくんです。

(  いや、売れば売るほどってほど売れてないけれど (^_^;;) )

これはもう、ぜったいに商売で縫う人じゃない…

つまりは、ハンドメイド作家に全然向いていないんです…

 

 

私は、事業をはじめた当初から、製品の構造の特許を取得することを考えていました。

それで、ハンカチホルダーを、自分で果てしなくミシンで縫い続けるのではなく、

早い段階で営業をして、企業様と上手いことライセンス契約を結び、

ライセンス料で事業安泰っ☆

これが、当初おもい描いていた、楽天的すぎる事業の将来像だったのですが、

なんと… 私って営業力もなかったんですね… 残念すぎ(><)!

 

 

それでもう、「自分でやろう!」と腹をくくったのが、

布製ハンカチホルダーの販売を完全停止した時期(1年半くらい前)でした。

(引き続き、ライセンス企業様も募集中です!)

 

 

つまり、「もう縫うの無理…」と疲れてミシンにお暇を出したのと、

「普及できる商品を作りたい☆」という樹脂製品開発への決意、

ネガティブとポジティブ、両方の気持ちを抱えての、自分にとって新たなスタートだったんです。

 

 

このブランク中(一年強)、私が何をやっていたのかと申しますと、

普及できる工業製品を設計するのに、自分にとって必要と思われる、勉強をしていました!

 

 

CADの講習会に何度も通いました。主にFusion360。

埼玉には、無料でシッカリ教えてくれる、素晴らしい場所があります。

 

 

そして、小規模事業者持続化補助金という国の補助金制度に応募して、それを利用させていただきつつ、3Dプリンター(UP300)を買いました。

12月と1月に、少し動かして造形テストをしました。( まだぜんぜん初心者です… )

これは家のリビングに置いてあり、異常なまでの存在感を放っております(><)

電子レンジより一回り大きいやつ、なんてもんじゃないです!

↑  届くまでチョットそう思ってた…

 

 

 

3DプリンターUP300

 

 

 

 

そして、特許の出願書類を自分で書いて、弁理士先生に添削してもらうということをやっていました。

無料で相談ができる知財支援センターも、利用させていただきました。

その特許は、昨年末に出願しました。

 

 

この3つの中で、一番大変だったのは、特許の出願書類を自分で書く作業でした。

はっきり言って、これは、本当に骨の折れる作業です。

日本語というものと、これほどまでに向き合わなきゃいけない作業って他に無いんじゃないかというくらいに、しんどい作業です。

(これについては、あとで別記事にします。)

 

 

そうこうして、3月になりまして、

新型コロナウイルス感染症の流行で、信じられないような大騒ぎに、世界中がなりましたね…

 

 

子供が休校の間、私は、部屋の掃除ばっかりして過ごしていました。

事業のことは考えても仕方がないので( PCの前に座っても、ものの5分で、家の誰かしらに呼ばれるせいで… )

頭を使わなくてもできる掃除を、ここぞとばかりにガンガンやりました。(大掃除)

それと、一日になぜか4食 + オヤツを食べる小6息子のために、

食事作りや後片付け、「保護者さまのお力添えが不可欠」なデジタル授業のサポート、等にかなり振り回されて過ごしました。

 

 

子供の休校措置が明けて、私が再び正面から事業と向き合える状況になると、

私は、これまでとても小さかった某市場が、コロナの騒ぎをきっかけに、急速に開けたことに気付きました。

衛生関連用品です!

 

 

たしかに、3月4月とで、「ショップおりづる」にあった、それまでなかなか動かなかった抗菌加工布が、飛ぶように売れていきました。

「皆、これで何を作るのかな~? マスクかな~?」

と思っていましたが、おそらくそれは合っていたと思います。

そういえば、「ハンカチホルダーは、いつ売るんですか?」の問い合わせも、コロナ自粛期間中、何件も頂きました。

コロナの騒動を越えて、衛生関連用品の市場は、大きく開けました。

 

 

特にマスク界隈!

マスク、マスクケース、マスクホルダー界隈の市場が、明らかに開けています。

 

 

 

マスク

 

 

 

これは… 衛生用品を取り扱う「ショップおりづる」にとって、チャンスなのか??と思いました。

ハンカチホルダーoridiruは、仮置き用のマスク入れとして、便利に使うことができます!

競合、めっちゃ増えてるけど( ^^;;)

 

マスクケース

 

ところで、

昨年末に出願した特許は、いつか新発売する予定の、新しいハンカチホルダーの構造です。

 

 

発売前ですが、早めに明かしてしまうと、

pomme-stick (ポム・スティック)というネーミングのハンカチホルダーになります。

いつかCADと3Dプリンターを駆使して樹脂でカタチにし、生産・販売したいと思っています。

 

 

けれど、樹脂を流し込む「型」を作るのって、すごく費用が掛かるんですよね。

だから、簡単には手を出せない。失敗もできない。

たとえば、穴の位置を数ミリずらしたいというだけで、型を作り直さなければならないらしい。

だから、例えCADと3Dプリンターを駆使して設計をしたとしても、それを100個、1000個と工場に発注することは、

個人で、今スグは未だできないんです…

 

 

そこで、元々ある「ハンカチホルダーoriduru」の方を、打ち抜きで作れないかな?と、この7月にふと思い立ちました。

このところ、頭が新商品の「ハンカチホルダーpomme-stick」 の方に行きがちでしたが、

「ハンカチホルダーoriduru」の構造であれば、「型」ではなく樹脂シートの打ち抜きで、費用を抑えて製品を作れるんじゃないかと、ふと思い立ちました。

「ハンカチホルダーoriduru」をまず軌道にのせて、その売り上げを「ハンカチホルダーpomme-stick」の資金に回せたら、と考えました。

 

 

さて、準備する「ハンカチホルダーoriduru」ですが、

ユニセックス(男女兼用)で使えるものを作ります。

今、加工会社さんと、いろいろ打ち合わせ中です。

 

 

打ち抜きであっても、打ち抜くための「型」は必要みたいです。

けれど、流し込む「型」と比較すると、だいぶ安く済みそう。

見積もりを出していただきましたが、わりと現実的。

100個だと赤字になりそうだけれど、早めに、この100個を皆さまに買っていただいて、

次の1000個から、少しずつ黒字にしていけると思います。

最初から1000個は、リスクが高すぎるので、決断できそうにないです。

 

 

「ハンカチホルダーpomme-stick」については、

まずは、ライセンス契約を結んでくれる企業様を探すことにします!

(やっぱり、これ大事。)

待ちに徹することなく、企業様に、お声掛けもしていきます。

 

 

まずは、「ハンカチホルダーoriduru」(おりづる)、そして次に、

「ハンカチホルダーpomme-stick」(ポム・スティック)、

発売を楽しみに待っていてください☆

 

 

また進展があれば、ブログに書きます。

よかったら、また覗きに来てください(^▽^)

 

 

 

ページの先頭へ